Jean Paul Gaultier ジャン・ポール・ゴルチエ France

歴史・解説

ジャン ポール・ゴルチエは1952年4月24日、フランス・パリに生まれる。若い頃からデザイナーを目指し、多くのデザイナーに自分のスケッチを送りつづけ、1970年18歳の時に、ピエール・カルダンに採用される。1年間、アシスタントとして勤めたあと、ジャン・パトゥなどを経て、フリーに。1976年、初めてアクセサリーコレクションを発表するとともに、ジャン ポール・ゴルティエの名でコレクションを発表。1977年には、ジャンポール・ゴルチエ設立。1978年、樫山フランスと提携して、本格的な活動を開始。1981年、オンワード樫山とライセンス契約を結ぶ。1984年より、ミラノ・パリ・日本・香港にオンリーショップをオープンし、メンズラインスタート。1987年には、オスカー・ドゥ・ラ・モード受賞。1988年「Junior Gaultier」スタート。1992年「Gaultier Jeans」、1993年には香水、1997年にはオートクチュールを開始。2003年より浴衣およびリョーカから水着も発売。

アバンギャルドとクラシズムが融合したスタイルで、パリコレクションにおいて多くのジャーナリズムの人気を集める。

映画の衣装も数多く手がけ。89年「コックと泥棒、その妻と愛人」、94年「キカ」、94年「ロストチルドレン」、97年「フィフス・エレメント」の衣装を担当。とくにSFが舞台となっている「フィフス・エレメント」の未来衣装は鮮烈なイメージを残した。さらに90年のマドンナ、ワールドツアーの衣装も担当した。

2004年3月の2004秋冬コレクションからはエルメスのレディスのデザインも手がけている。

現在のブランド展開は「ジュニア・ゴルチエ」、「ゴルチエ・ジーンズ」、「ジャンポール・ゴルチエ パルファム」、「JPG」、「ジャンポール・ゴルチエ・クラシック」。

また、日本ではオンワード樫山が2005年春夏よりブランド戦略を刷新。ジャンポール・ゴルチエ社と共同出資でフュージョン社を設立
(オンワード樫山50%、ジャンポール・ゴルチエ社50%出資)し、この新会社が運営するショップとして、ジャンポール・ゴルチエとフィリップ・スタルク(Philippe Starck)が共同でショップデザインのコンセプトを手掛けた新コンセプトショップ「ジャンポール・ゴルチエ丸の内仲通り店」を2004年9月に明治安田生命ビル(丸の内マイプラザ)1階にオープン。

ジャンポール・ゴルチエ社では世界戦略の一環として、フィリップ・スタルクがデザインする新しいタイプの路面店を世界の主要ファッション都市に出店しており、2002年春にニューヨーク・マディソンアベニューに1号店を出店して以来、パリ、ロンドン、シンガポール、香港などに11店舗が完成。

丸の内への出店は日本で初めてになり、これまでのショップとは異なり、ジャンポール・ゴルチエとフィリップ・スタルクが共同でコンセプトを練り上げた、全く新しいタイプの新コンセプトショップとなる。ショップデザインは、壁の窪みに服をかける造りや巨大な鏡の屏風、インドやモロッコで見られるタデラクトと呼ばれる不均一な質感が魅力の白い壁などで、幻想的かつロマンティクな雰囲気が漂う空間。3メートルの巨大ピンポン玉で作られたシャンデリアや巨大ピンポン玉スクリーンを設置し、同ショップ限定のイメージビジュアルが投影される。

ファーストブランドはイタリア生産によるインポート商品に切り替えるとともに、ジャンポール・ゴルチエ社とのコラボレーションによる新ブランド「ジャンポール・ゴルチエ フュージョン」を新たに展開する。「ジャンポール・ゴルチエ フュージョン」は、ジャンポール・ゴルチエのクリエーションと日本のマーケットトレンドの融合をコンセプトに、ファーストブランドより手頃な価格で提供するセカンドブランド。ブランド名は、フュージョン料理から名づけられた。また、2005年春夏から欧米で発売されるジャンポール・ゴルチエのジーンズブランド「ジーンズポール・ゴルチエ」の日本での展開も同時にスタート(リプロ生産)した。

フランスの通信販売誌「la Redoute」の2005年春夏号で20個のカプセル・コレクションをデザイン。

Targetはアレキサンダー・マックイーン、アナ・スイに続く「デザイナー・コラボレーション」の第3弾として、ジャン・ポール・ゴルチエを起用。コレクションは2010年3月7日-4月11日の期間限定で、ターゲットの250を超える店で発売される。ゴルチエは「アメリカ女性への敬意」をテーマとして、セレブのスタイルやアメリカのポップカルチャーを基にデザインした。

2010年夏にはリーバイスとコラボレートし、メンズとレディスのカプセル・コレクションを発売。ダンガリーにインスパイアされたワークウェア、コルセットとブラトップを特色としたコレクションを展開。

2010年7月7日パリ・オートクチュールコレクションでLa Perlaとコラボしたランジェリーラインラインから2個を披露。コルセットやブラなど27スタイルの新ラインを11月から発売する。ゴルチエは水着やマドンナのために作成した円錐ブラなどがあるものの、今回が初のランジェリー・ラインとなる。

2010年12月18日、丸の内仲通り店を銀座に移設・リニューアル。銀座店(1階・2階合計約180平方メートル)は、ゴルチエの新たなイメージ世界戦略を推進するために、今までのコンセプトをより進化させた世界初のショップ。ブランドの核となるネイビーストライプを用いて宇宙を表現。1階の床は宇宙、天井には地球が浮び上がり、光線を発するカーテンを通って2階へ上がると、天井と床が逆転し、ショップ全体を宇宙空間として演出。曲線と鏡の反射により、まるで太陽系を浮遊しているような感覚を体感できる。取り扱い商品は、メンズ、レディース、キッズのウェアに雑貨、香水などを加えたフルラインをインポート商品で構成。オープン前日の記念レセプションではデザイナーのジャンポール・ゴルチエが宇宙服姿で登場した。

2011年、ベビーウェアコレクション「Gaultier Bebe」を開始。2歳までの新生児と子どものコレクションを開始。コレクションはゴルチエのシグネチャーともいえる赤・青・白のダンガリーニット、セーラーシャツ、ボディスーツなどを特色とする

2011年5月、エルメスは所有するジャン・ポール・ゴルチエ株の45%をPuigに売却。Puigはエルメスが所有していた45%に加え、ゴルチエ自身から約15%も獲得し、ジャン・ポール・ゴルチエ社の株60%を購入した。「私は興奮しています。彼らは素敵な人々です。彼らには多くのエネルギーがあります。それらはファミリービジネスです。彼らは、何を達成したいか知っています」とゴルチエ。1914年に設立されたPuigは今もPuigファミリーによって所有される同族企業で、カロリーナ・ヘレラ、ニナ・リッチ、パコ・ラバンヌも所有。それ以上にフレグランス・ビジネスで知られており、コム・デ・ギャルソン、プラダ、マンゴ、ザラのフレグランスを展開している。ただし、ゴルチエのフレグランスは1990年から資生堂の子会社、Beaute Prestige Internationalが展開しており、2015年までライセンス契約が残っているため、2016年にフレグランスライセンスもPuigが獲得する予定。ゴルチエは7月のオートクチュール期間中に新しいメンズフレグランスを発表する。ゴルチエの社長はゴルチエ自身から、Puigの副会長でニナ・リッチの社長でもあるManuel Puigに交代。ゴルチエはオートクチュール、メンズ・レディスのプレタポルテ、子供服のデザインに専念する。

オートクチュールも開始し、プレスの評価も高く、パリで最も期待されているデザイナーですが、個人的には、オンワードに育てられたデザイナーという気がします。アヴァンギャルドのデザインは好き嫌いが激しそうです。

Jean Paul Gaultier(英・仏語のみ)

オートクチュール、プレタポルテ、アクセサリー、香水、コンセプト・ショップなどの紹介。Tシャツなど、一部商品の通販もできます。

ショップリスト

旗艦店
銀座店 東京都中央区銀座5-6-16銀座西五番館1-2階 TEL 03-6253-8710 営業時間11:00-20:00 不定休 

直営路面店
表参道店 東京都渋谷区神宮前5-2-28 TEL 03-5467-1031 営業時間 12:00(日祝11:00)-20:00  無休
店内は、床埋め式のディスプレイケース、吊り下げ式のボックスなど、ゴルチエ自身による斬新な発想から生まれた独特の展示がなされている。カジュアルから、バッグなどの小物まで全ラインがそろう。
代官山 東京都渋谷区猿楽町28-7 Tel 03-3770-8271 
福岡 福岡県福岡市中央区大名1-310 Tel 092-722-0223

Home | Brand Index