Fashion Street News Index ファッションニュース(2004年6月)
ショップのオープン情報や最新の流行、ファッションビジネス、ブランド、デザイナーの動向などのファッションニュースを紹介。

2004年6月8日(火)
シンディ・クロフォード、スキンケアラインを計画
38歳のスーパーモデルで2人の子供を持つCINDY CRAWFORDは「Meaningful Beauty」と呼ぶ、新ビューティラインをはじめることを計画している。ナショナル・エンクワイアー誌によると、クローフォードは既にロサンジェルスで「インフォマーシャル」を撮影しており、彼女のフィットネス・ビデオに続くヒットが期待されている。

エマニュエル・ウンガロのデザイナー、ジャンバティスタ・ヴァリのインタビュー
3年前にウンガロからプレタポルテを引き継いだ。「女性の体を美しく際立たせる。より楽しく、夢を見せる服。アーティスティック・ディレクターとして、ウンガロスタイルを守りつつ現代的な感性を加える。コレクションラインのほかに、20-30代向け『ウンガロ・フューシャ』、10代向け『ウンガロ・フィーバー』もあるので、若い人にも着てほしい」。1966年、ローマ生まれ。「フェンディ」「クリッツィア」などを経て、1997年以来、ウンガロに師事。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2004/june/kiji/07ungaro.html

三崎商事、「タナー・クロール」を発売
1856年創業のロンドン最古のバッグメーカー。2年前からクリエイティブ・ディレクター、クエンティン・マッケィのもと、より流行を意識した商品を開発。個性的な「パンチ」など、楽しいデザインのバッグが増えている。国内では秋冬の新作から、三崎商事が本格展開する。7月中旬以降、伊勢丹新宿本店などで販売予定。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2004/june/kiji/ffile_06.html

着物専門店の鈴乃屋「オリンピックゆかた」を販売
開催国ギリシャ国花のオリーブやギリシャ神話をデザインに取り入れた。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/trend_news_view.cfm?pos=2&genre=t1

銀座中央通りにミキモトブティックの仮店舗オープン
銀座2丁目交差点の一角に、「ミキモトブティック」の仮店舗がオープン。並木通りの既存店の建て替えによる一時移転で、2005年12月まで。本店とは商品構成が異なり、「ブティック」ではカジュアルジュエリー「ペルリータ」とギフト用小物、ブライダル商品を扱う。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2004/june/kiji/07mikimoto.html

スターバックスコーヒージャパン、コーヒーかすを再利用したTシャツ販売
約520店ある店舗のうちビジネス街の店舗などを除いた約300店で発売。深いりしたコーヒー豆色の「エスプレッソカラー」、ミルクコーヒー色の「ラテカラー」の2色でサイズは女性のみ。日本限定商品で価格は2800円。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/trend_news_view.cfm?pos=5&genre=t1

カネボウ、生分解性繊維「ラクトロン」事業を売却か精算へ
売却する方針で、売却先が見つからない場合は精算する。「ラクトロン」はポリ乳酸を原料にした繊維で、一般衣料や使い捨ての白衣、不織布フィルターから土木建設資材・農園芸資材まで、様々な用途開発を子会社のカネボウ合繊と共に行ってきた。
生分解性繊維は衣料用だけでなく産業資材としても有望だと思うんですけど、背に腹は変えられないんでしょうか。残念です。
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/medi/311909

カネボウ、債権者説明会で債権放棄を正式に要請
63の取引金融機関に計995億円の債権放棄を正式に要請。質疑では債権放棄額の割合に対して不満の声も一部出た。
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20040608k0000m020038000c.html

ルイ・ヴィトン、上海で大広告
ビルの高さほどもあるバッグの広告モニュメントで、取っ手には「路易威登(ルイ・ヴィトン)」と中国名のタグ。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2004/june/kiji/07louis.html

「109ステージ」が注目
設立間もない無名ブランドを集積した売り場で、敷金や賃料を低くして次代の有望ブランドを発掘し、他の商業施設との差異化を図る。5月中旬の開店直後から好成績を残すテナントも出ており、トップの成績を収めているのが、「大人の休日」をテーマにした女性用カジュアル衣料の「ギルフィー」。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/trend_news_view.cfm?pos=3&genre=t2

ローソン、14日からオリジナル水玉傘を500円で新発売
これまでは透明や黒など地味な色が主流だったが、ローソンは水玉柄を発売。初回出荷分4万5000本を完売した。今回はデザインをリニューアルしてピンク、イエロー、グリーンの3色を用意。首都圏のローソンで9万本限定で販売する。
http://www.zakzak.co.jp/top/2004_06/t2004060733.html

原由美子による「オードリー・ヘップバーン展」レポート
マリー・クワントの「オードリーは、これまで世界に登場した中で、一番自分のスタイルを持った女性だと思う」というコメントも納得。
http://www.asahi.com/offtime/fashion/TKY200406070157.html

夏のビーチサンダル
指で挟んで靴を履くことから、英語で「挟む」という意味から「トングサンダル」とも呼ばれ、欧米の靴売場では「トング」として販売。チェーンベルト付きが人気で、ハート型の鍵、クロス、星などのモチーフが、歩くたびにゆらゆらと揺れてフェミニンな印象。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/item/it460701.htm

写真家、森山大道のファッション写真集「NOVEMBRE」発売
アートディレクションを担当したのは、イッセイ・ミヤケのデザイナー、滝沢直己。舞台は2003年11月のパリ。パリに、イッセイミヤケの服をまとった女性が溶け込む。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2004/june/kiji/ffile_06.html

プレスリリースやフェアの案内、ショップのオープン情報などは、メールでginandit@aol.comまで、お送りください。

最新のニュース 

HOME

Fashion Street JAPAN Press.1998-2004. Fashion Street, Tokyo Japan.
Fashion Street Magazine.
Copyright 1998-2004 Gin and it