Fashion Street News Index ファッションニュース(2004年6月)
ショップのオープン情報や最新の流行、ファッションビジネス、ブランド、デザイナーの動向などのファッションニュースを紹介。

2004年6月16日(水)
アイザック・ミズラヒ、ランウェイショーに復帰
「ターゲット」で、彼がデザインするクチュールラインの最新コレクションを披露。ショーを行うのは、自らの会社を閉鎖して以来、6年ぶり。最前列にはイマンに、パトリシア・フィールズ、マシュー・モディーン。ショーでは、24.99ドルのスカートにストレッチ・コットン・パンツや15,000ドルのキャメル・スーツには9.99ドルのタンクトップを合わせ、「高額商品から低価格品まで、あえて両極端の商品を並べました。人々は英国のカスタムスーツやGapのポロシャツだけで過ごすものでしょうか?私の目標は、ターゲットとクチュールの違いを見分けられないようにすることです」とアイザック。彼は、2002年から、ターゲットのデザインを担当しており、ショーの模様は6月20日まで、ターゲットのサイトで見ることができる。

シャーロット・チャーチ、マークス&スペンサーのキャンペーンモデル就任要請を断る
買収騒動で何かと話題のマークス&スペンサーは顧客の関心を復活させようと、18歳の歌手、シャーロット・チャーチをキャンペーンモデルに起用しようと計画。同社のインサイダーによると、「彼女は若い女性にも、年上女性にもアピールできます」。しかし、チャーチは、この申し出を断り「マークス&スペンサー?それは私のママが買い物する店よ」とのこと。
なんか、あらあらって感じ。

5月の東京地区百貨店売上高、3カ月連続で前年実績を下回る
前年同月比3.0%減の約1521億円。大型連休中や月後半の天候不順の影響で、初夏向け衣料品の動きが鈍く、紳士服は同1.2%減、婦人服は同8.4%減。「母の日」関連の売り上げは順調で、靴やハンドバッグなどの身の回り品は同1.5%増、時計、眼鏡などの雑貨も同1.4%増と、それぞれ2カ月連続で増加した。
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20040616k0000m020009000c.html
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=73930

イトキン、「シンシア・ローリー」のミュールを回収
5月8日より販売したミュール1型が、使用中にヒール部分が脱落する事故が複数発生し、関係取引先と協議した結果、その原因がヒール部分と本体の接合強度不足によるものと判断。店頭在庫の販売中止と既に販売した製品の回収を決定した。
http://www.itokin.co.jp/news/040615_cynthia.html

マーサ・スチュアート、自社株を売却
法的費用支払いのため、創業したライフスタイル出版・メディアのマーサ・スチュアート・リビング・オムニメディアの株式をこれまでに7万5000株を売却したのに加え、新たに42万5000株を売りに出す。
http://quote.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=a3aTfqUECxdc&refer=jp_home

伊勢丹新宿で、水着特集コーナー「ココ夏パラダイス」開設
本館6階催物場で6月23-7月8日。試着室には「アロマディフューザー」が設置され、アロマオイルの香りの中で試着ができる。また、6月26日、27日、7月3日、4日に同コーナーで水着を購入すると、アロマセラピストによるハンドマッサージサービスが受けられる。
http://www.shopper.jp/machikado/index.cfm?depainfo_id=1256&department_id=17

カネボウの伊藤淳二・元名誉会長、社名を「鐘紡」に戻すよう提案
同社の大株主として、29日開催の株主総会で提案するという。同社は2001年に社名を「鐘紡」から「カネボウ」に変更。伊藤元会長は再生計画に不満を持っており、社名変更を通じ、縮小路線の転換を求めたとみられる。
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20040616k0000m020141000c.html

浴衣に帽子、コサージュ
今年は帽子やコサージュなど、洋風の小物を合わせる着こなしが広がっている。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20040615sw41.htm

テレビ通販の売り上げ拡大
CS放送やケーブルテレビなどに番組を持つ主要10社の2003年度の売上高は前年度に比べて24%増の1295億円になる見通し。生放送で機動的に商品を提供する大手が市場をけん引している。各社がメーカーなどに働きかけて独自開発した商品も多く、品質が向上しているため、消費者はテレビ通販で商品を買うことに抵抗感が薄れているという。
http://bizplus.nikkei.co.jp/news/index.cfm

今夏は超ミニが人気
「景気が良くなると女性のスカートの丈は短くなる」との俗説通り、かつてない短さのスカートが流行の気配。新作は「マイクロミニ」と呼ばれる、太ももの中間くらいの長さが主流。プリーツタイプに加え、デニム地のタイトタイプが多い。西武百貨店渋谷店では、10-40代の幅広い年齢層が買い求めているという。
逆に、生地をあんまり使わなくてすむから、「不景気の時に、ミニが流行る」って説も聞いたことがあるんですが。
http://www.zakzak.co.jp/top/2004_06/t2004061505.html

著名人と着物
シャネル日本法人のリシャール・コラス社長は、自宅ではよく和服を着るという。日本の着物と仏オートクチュールには「高度な職人技」という共通面がある。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2004/june/kiji/15onko.html

矢田部英正の「たたずまいの美」の書評
日本人の動作を分析し、和装における身体美学を見い出した。
ちょっと上の記事とも共通するところがあります。着物を着なくなったとしても、私たち日本人のDNAにはその文化が埋め込まれているんでしょうか?
http://www.asahi.com/offtime/fashion/TKY200406140052.html

CFDA(アメリカファッション協議会)アワードのセレブファッション
マーク、やせたみたいだけど、やっぱりオールバックの髪は前髪を気にしているのかな。あと、ハイジ・クラムは既にこの時点で出産していて、ブリアトーレとは別れていると思うんですが。
http://www.elle.co.jp/home/fashion/celeb/04_0616/

土屋アンナ、こずえ鈴の弟と結婚
既に妊娠4ヶ月とか。

プレスリリースやフェアの案内、ショップのオープン情報などは、メールでginandit@aol.comまで、お送りください。

最新のニュース 

HOME

Fashion Street JAPAN Press.1998-2004. Fashion Street, Tokyo Japan.
Fashion Street Magazine.
Copyright 1998-2004 Gin and it