Fashion Street News Index ファッションニュース(2004年7月)
ショップのオープン情報や最新の流行、ファッションビジネス、ブランド、デザイナーの動向などのファッションニュースを紹介。

2004年7月23日(金)
ラルフ・ローレン、ジャマイカで切手に
ジャマイカ政府は、彼の寄付を評価して切手にすることを検討中だという。ラルフ・ローレンは、リゾート地Montego BayのRound Hillの株主でもあり、実現すればジャマイカで切手になった初のアメリカ人となる。デザイナーでは、2年前にイタリアでドルチェ&ガッバーナ、ジョルジオ・アルマーニ、プラダ、クリッツィア、ジャンフランコ・フェレ、ラウラ・ビアジョッティがシリーズで切手になったことがある。

三越銀座で、「セオリーリュクス」のデビューフェア
「セオリー」の新ブランドとしてミッシー・ミセスにも対応した「セオリーリュクス」のデビューフェアが、全国に先駆け1階エントランスコートで8月3-9日に行われる。ショップは4階に8月20日オープン予定。
http://www.shopper.jp/machikado/index.cfm?depainfo_id=1315&department_id=6

双日、FRx(エフアールエックス)ジーンズを日本で展開
アメリカのジーンズカジュアルブランド「FRx CLOTHING」の日本市場における独占輸入販売を開始。2004年9月より百貨店、セレクトショップなどで全国展開する。FRxは、2002年7月ニューヨークで創設。自然なフィッティング、手作業によるハンドメイド感、コスメティック加工による美脚効果などで急成長。デザインはポロ・ジーンズ・カンパニー出身で、商品開発、マーチャンダイザーを経て、ノーティカ・ジーンズ・カンパニーの立ち上げに参加したキンバリー・バウザーが担当。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=77106

東レ、蝶理を子会社化
蝶理の筆頭株主の旭化成から全株式を買い取る。これにより、東レの持ち株比率は22.87%から51.46%となる。経営不振が続いていた蝶理は2003年春、旭化成、東レ、主要3銀行から計300億円の金融支援を受け、東レの子会社の商社から社長を迎えて、不採算事業の整理などを進めてきた。
もはや住宅メーカーの旭化成から、繊維が柱と言い続けている東レが買い取るという形になりましたね。
http://www.asahi.com/business/update/0722/109.html

ワコール、マタニティ水着発売
ボタンとファスナーを併用し着脱がよりなめらかなセパレート型水着を発売。
http://www.wacoal.co.jp/company/newsrelease_n/index.html

カネボウ化粧品、中高年男性向けの新ブランド「ボタンダウンクラブ」
整髪料、アフター・シェーブ・ローション、育毛トニックといった5品目5品種の販売を9月1日に開始。1960-70年代に流行した、トラッド&アイビー・ファッション世代をターゲットにする。ブランド名は、石津謙介が名誉会長を務める団体「ボタンダウンクラブ」に由来。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=77015
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/321050

夏の毛穴対策
夏は気温や湿度が高く、汗や皮脂が多くなり、毛穴が目立つ季節。コーセーは、毛穴を目立たなくし、肌の「テカリ」を抑えることができる化粧品を発表。新たに開発したジェルが肌の凹凸に入り込んで毛穴や小じわを目立たなくする。部分的に使用するファンデーション「Wコンシーラー」として、8月20日から発売。日本ロレアルは、6月に毛穴ケア専用の美容液「ポア ジーニアス セラム」を発売。カネボウ化粧品も、粉末が毛穴に入り込んで目立たなくする春夏用ファンデーション「レヴュー エッセンスインUV」を3月から発売。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2004/july/kiji/22kose.html

働く女性の化粧、二極化
「能力で勝負するから、自分を化粧で飾る必要がない」というノーメーク派と、化粧の色合いやテクニックなどを駆使して自己表現を楽しんでいる「自分らしさ」派。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20040722sw42.htm

つま先や足裏を保護
素足でサンダルを履いた時に、保護するための「トゥークッション」「フットカバー」と呼ばれる商品が人気を集めている。日本橋高島屋の靴下売り場には、くるぶし丈のスニーカー用ソックスよりも短く、つま先だけを覆うユニークなデザインのトゥークッションが並んでいる。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20040722sw21.htm

西友、自動発注システムを全店舗で構築
鮮魚や青果物などの生鮮品を含めた全商品でシステム化。業界では、毎日の仕入れが必要で相場も動きやすい生鮮品に関しては、自動発注は難しいというのが定説で、西友の取り組みには否定的な見方が強い。一方で、生鮮品は売れ残りなどによるロス率が高く、需要に見合った発注に成功すれば、価格引き下げの余地は大きい。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20040723k0000m020141000c.html

オリエンタルランド、東京ディズニーリゾートに新ホテル
リゾートホテル「パーム&ファウンテンテラスホテル」を2005年2月25日に開業。新ホテルは、5階建ての2棟で構成され、約700室。子供に配慮して全室禁煙。
http://www.sankei.co.jp/news/040722/kei075.htm

花王、2004年4-6月期の連結決算、経常利益が4%増の297億円
広告宣伝費を先行投入するため減益となる見込みだったが、想定以上に販売が伸びた。売上高は7%増の2263億円。「ヘルシア緑茶」や、新製品の「アジエンス」などヘアケア製品も好調だった。化粧品は4%の増収。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20040723AT1D2207I22072004.html

映画「アイ・ロボット」のブリジッド・モイナハン来日
「ロボット心理学者」を演じるモイナハンは、「グラマー」や「ヴォーグ」など、一流ファッション誌で活躍しているモデル出身。「セックス・アン・ザ・シティー」にナターシャ役でも出演。
そういえば、この前、Foxに「アイ・ロボット」の販促用のTシャツをもらったんですよね。黒の結構いいTシャツで背中にロボット3原則が英語でプリントされているんですけど、この映画、3原則は出てきても、アシモフの原作とはだいぶ違うような。でも、全米1位になってアメリカではヒットしているみたいです。モイナハンは、個人的には、「トータル・フィアーズ」でのジャック・ライアンの恋人役のほうが印象強いです。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/cinema/2004/0722moinahan.html

メルシャン、「ピーチツリーフィズ」復活
初のカクテル系低アルコール飲料として89年に発売されてヒットした「オリジナル ピーチツリーフィズ」「オリジナル アップルツリーフィズ」の復刻版2種に、新フレーバーの「ライチツリーフィズ」「ラズベリーツリーフィズ」の2種類を加えた。
是非、CMは再び山瀬まみで。
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/320967

恋人をつくるためのお金の使い方
電通消費者研究センターが独身男女各200人に聞いた全国調査で、女性は洋服やアクセサリーなどファッション45%、化粧品・美容室38%、ダイエットや若さを保つための費用18%など、外見磨きにお金をかけるのに対し、男性は、携帯電話やインターネットなど通信関係26%、飲食代23%と、出会いの機会を作るためにお金をかけているらしい。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20040722sw61.htm

ジュエリー人生すごろく
そういえば、かつて19歳で銀、20歳で金、21歳でプラチナの指輪を彼に買ってもらうと幸せになれるとかって話があったけど、今はどうなっているんだろう?
http://www.elle.co.jp/home/fashion/features/04_0723/

アクセサリーのような肩ひものブラ
プランタン銀座の下着売り場で好評なのは、「トリンプセサ」のブラ。細いストラップが背中側でクロスするようにデザインされている。ネックレスのような付け替え用ストラップも人気。
これって数年前からの傾向だと思うんですが、なぜ読売は今これを取り上げるんだろう?
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20040722sw41.htm

プレスリリースやフェアの案内、ショップのオープン情報などは、メールでginandit@aol.comまで、お送りください。

最新のニュース 

HOME

Fashion Street JAPAN Press.1998-2004. Fashion Street, Tokyo Japan.
Fashion Street Magazine.
Copyright 1998-2004 Gin and it