Fashion Street News Index ファッションニュース(2004年8月)
ショップのオープン情報や最新の流行、ファッションビジネス、ブランド、デザイナーの動向などのファッションニュースを紹介。

2004年8月3日(火)
「HOUSE OF JAZZ」閉鎖か?
Pablo FlackとHazel Robinsonによって4年前に開始されたロンドン・ブランド「HOUSE OF JAZZ」がクローズされるとの噂が流れている。2人は他のプロジェクトに興味を持っており、「House of Jazzをたんすの一番上の引き出しにしまって、別なことを考える時間が来ているように感じます」とFlack。「パブロと私は、過去4年間このフランドに集中してきました。今、私たちは、変化する必要を感じています」とHazel。彼らの服は、ジゼル、クラウディア・シーファー、カイリー・ミノーグ、ケイト・モスらが着用。しかし、2005年春夏ロンドンコレクションには参加しない模様だ。これに対して、有名スタイリストのKatie Grandは「彼らのような刺激的なブランドが、ロンドンコレクションには参加しないことは悲しい」とコメント。Grandは、2001年2月の彼らのデビューコレクションを担当。「でも、私は彼らの輝ける才能を信じています」とGrandは続けた。

サンエー・インターナショナル、新ストアブランド「double wrap」デビュー
2004年秋冬より、スポーツをキーワードにした新ブランド「ダブルラップ」を展開。機能性の高いスポーツと、デザイン性のあるファッションの2つを融合することで、カジュアルウェアにまったく新しいカテゴリーを創造する。メンズ、ウィメンズ、キッズ、グッズまで、double wrapのオリジナルから、「adidas」「puma」「FRED PERRY」などをセレクト。9月17日、一号店を渋谷・明治通りにオープン。10月1日には「MY CITY新宿」店をオープンする。
http://sanei.net/headline/0730dw_f.html

オンワード樫山、組曲ジュエリー「ウェディングフェア」
9月30日まで。期間中、記念のBOXには「幸せの羽」が添えられ、記念日と名前を刻むスペシャルサービスも行なう。
http://www.onward.co.jp/brandnews/index01.html

ルイ・ヴィトンのジュエリー詳細
7月上旬にパリで発表した宝飾品コレクション「アンプリーズコレクション」は、ルイ・ヴィトンのマークとなっている花をモチーフにした「フルールシリーズ」、小さいトランクをかたどった「ミニマルシリーズ」、バッグなどで使っている鋲(びょう)をイメージした「クルーシリーズ」の3シリーズ。当初は指輪、イヤリング、ネックレス、ピアスなどの分野で合計約100タイプを用意。日本での小売価格は10万円台から3000万円台までで、主力商品は10-100万円。男女とも身に着けられる、ユニセックスなデザインの商品が多く、男性に向けてもアピールする。日本では銀座並木通り店など10店前後で9月から発売。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/trend_news_view.cfm?pos=2&genre=t3

ポール・スミス、新作ウオッチ Cube Kids(キューブ・キッズ)発売
キューブクロノとペア展開されるキューブ・キッズは男性、女性どちらでも着用できるボーイズサイズ。8月下旬発売予定。
http://www.joix-corp.com/news/200408-02.html

ハロッズ、過去最高のサマーセール
4週間で、6730万ポンドを売上、前年比で4%増加。ファッション、ジュエリー、アクセサリー、食品がとくに好調。セール初日にクリスティーナ・アギレラを招いたイベントも、数百人のファンを集め、販売に寄与した。

「COLORS:ファッションと色彩 VIKTOR&ROLF&KCI」東京でも開催
8月24-12月5日、 森美術館。
京都で開かれていた同展が、東京でも見られるようになります。
http://www.mori.art.museum/html/jp/index.html

三越恵比寿店で、木版画展「水木しげる妖怪道五十三次展」
2階アトリウムで、8月19-9月2日。「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎や目玉おやじが江戸時代のファッションで登場。目玉おやじのクッション「うたた寝まくら」など妖怪グッズも約15種類販売される。
このクッション欲しいな。そういえば、FFの「サボテンダー」の抱きつき枕も欲しかったんだよなあ。
http://www.shopper.jp/machikado/index.cfm?depainfo_id=1336&department_id=22

ロイネ、リーバイ・ストラウス社とメンズ・アンダーウエアのライセンス契約を締結
2005年春夏物からリーバイスのジーンズを扱っている百貨店、量販店、ジーンズカジュアル専門店、リーバイス直営店などで展開する。「レッドタブ(量販店)」、「プレミアムタブ(専門店・直営店)」、「ツーホースパッチ(百貨店)」の3ライン構成。

海外有名ブランド店効果で表参道や銀座の地価高騰
2004年4月、表参道の社団法人「日本看護協会」が所有するビルにガラス張りの8階建てビルが完成。賃料は、関係者によると「1階部分は坪当たり月20万円以上。相場の2倍」。渋谷区神宮前5丁目の路線価は404万円。上昇率は、全国最高水準の9.8%。「裏原」でも、民家の一部を改装しただけの店舗の賃料が、坪あたり月10万円近く、2003年末には、わずか28坪の土地が、競売で路線価の約3倍、約1億2800万円で落札された。
バーバリー、坪で月20万円も払っているんだ。銀座のコーチやエルメスは自社ビルで土地も所有しているはずだからいいけど、賃貸だと、今後の利益率が不安ですね。
http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20040802ib02.htm

NI帝人商事、ハウス・ダストの発生を低減する寝具「ピュアエール」開発
2004年秋冬期に発売する。合成繊維輸入販売事業を手掛けるインビスタ ジャパンと共同企画した製品で、気管支ぜん息やアトピー性皮膚炎などの対策に向ける。
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/medi/323088

祇園の芸妓さんが設立した化粧品会社
豆福が2003春設立した化粧品会社、プラーナは自社開発の基礎化粧品の本格的な対面販売を始めた。年内には男性用化粧品も開発する。豆福は肌が弱く、おしろいによる肌荒れを防ぐため、自分で使える無添加の基礎化粧品「mame.fu(マメフ)」を企画・開発。メーカーに製造を委託して自分で試し、2003年末から口コミで販売を始めていた。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/trend_news_view.cfm?pos=4&genre=t3

コンビニ、高齢者に対応
弁当や総菜類の中身を中高年仕様にしたり、店舗のバリアフリー化で買い物しやすくしたり、といった取り組みを進めている。セブン-イレブン・ジャパンは5月から、売り場面積を従来の2割増の約150平方メートルに広げた新しい店舗を開店。車いすやつえをついたお年寄りなどでも移動しやすいように標準の通路幅を90センチから1.2メートルに広げた。ローソンでは中高年の利用が多い店舗では、おにぎり、そうめん、和菓子、せんべいといった中高年が比較的好む商品を増やし、ファミリーマートは中高年層向けに、おかずに揚げ物の少ない弁当を増やしている。
セブン-イレブンがCMにアイドルではなく吉行和子を起用したあたりから、こうした動きは見られましたが、各社本格的に乗り出して来たみたいです。
http://www.asahi.com/business/update/0802/093.html

エミリオ・プッチ、2004年秋冬新作小物
2004春には日本で初となる直営店も伊勢丹に誕生。注目のアイテムを紹介。
3つセットのポーチが欲しい。
http://www.elle.co.jp/home/fashion/news/news.php?news=04_0803

プレスリリースやフェアの案内、ショップのオープン情報などは、メールでginandit@aol.comまで、お送りください。

最新のニュース 

HOME

Fashion Street JAPAN Press.1998-2004. Fashion Street, Tokyo Japan.
Fashion Street Magazine.
Copyright 1998-2004 Gin and it