Fashion Street News Index ファッションニュース(2004年8月)
ショップのオープン情報や最新の流行、ファッションビジネス、ブランド、デザイナーの動向などのファッションニュースを紹介。

2004年8月14日(土)
シャーリーズ・セロン、ディオールの香水「ジャドール」のイメージキャラクターに
ディオールの香水部門パルファン・クリスチャン・ディオールが13日に発表。雑誌・テレビ広告は2004秋から展開される予定。撮影はニック・ナイト。契約内容の詳細は明らかにされていないが、消息筋の話として、契約期間は3年、契約金は300-500万ドルと噂されている。「ジョン(ガリアーノ)とニックと仕事をすることは私の人生で最も驚くべき経験のうちの1つでした」とセロン。
シャネルが「No.5」のキャンペーンにニコール・キッドマンを起用したことに対抗するため、ディオールはキッドマンに続いてアカデミー主演女優賞を受賞したセロンを抜擢したとみられているが、パルファン・クリスチャン・ディオール社のPamela Baxter社長はこの見方を否定。「ディオールは、セレブを広告に起用することを長い間、計画していました。キッドマンの発表が行なわれる前に、既に何人かのセレブと交渉しており、今、最適の顔としてシャーリーズを見つけました」とコメント。
http://www.reuters.co.jp/newsArticle.jhtml?type=entertainmentNews&storyID=5975011

コム・デ・ギャルソンの期間限定店
東京ではパリの人気セレクトショップ「コレット」と一緒に、南青山に12月29日までの期間限定ショップ「コレット・ミーツ・コム・デ・ギャルソン」をオープン。コレットのサラ・レルスェルは「東京の店はいわば雑誌の別冊。短い期間だからこそ楽しめるものが詰まっている」と話す。
この店では、黒のiPodだけじゃなく、ロンシャンとTracey Eminがコラボレートしてコレットで発表されたバッグも発売しているんですね。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/fashion/fa481300.htm

ミキモト、銀座2丁目の旧本社ビルを全面改装
「ミキモトブティック」があるビルを全面改装し、2006年1月にオープン。地下1階、地上9階、延べ床面積2200平方メートルのビルに刷新。ギフト用品や低価格宝飾品を充実するほか、上層階には飲食、サービスといったテナント誘致も検討、情報発信型の新拠点と位置づける。改装後はビル外観を宝石をイメージしたモダンなイメージにし、地下1階から2階までの3フロアをミキモトブティックの店舗とし、ギフト用品などを強化する。本店では拾いきれない、若年世代や男性客も取り込み、本店との違いを明確にする。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/trend_news_view.cfm?pos=3&genre=t1

ワコール、「下着のひみつ」をプレゼント
2004年4月に出版された学研研究社が企画制作し、ワコールが全面協力した「まんがでよくわかるシリーズ」の「下着のひみつ」を8月中旬よりワコールジュニア商品取り扱い店、約40店舗で限定10,000名にプレゼント。
http://www.wacoal.co.jp/company/newsrelease_n/index.html

7月の東京地区百貨店売上高、5カ月連続で前年を下回る
前年同月比1.1%減の約1825億円。各社が7月上旬から一斉に始めたクリアランスセールの効果で、6月の6.1%減に比べると落ち込み幅は縮小した。紳士服はポロシャツや半袖ワイシャツが売れ、同0.2%増と5カ月ぶりにプラス。婦人服は同5.2%減だったが、Tシャツやカットソーが好調。宝飾や化粧品などの雑貨は4.9%増。月前半は夏物衣料のセールが好調だったが、後半に秋物衣料が不調で売り上げが伸び悩んだ。
http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20040813ib26.htm
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20040814k0000m020022000c.html

団塊の世代向けの化粧品
「50歳から」などと銘打ち、新製品を相次ぎ発売。コーセーコスメニエンスは21日、「50歳からの化粧品」としてスキンケアの新ブランド「リライブ バイタルデュー」を発売。カネボウ化粧品は9月1日から、50代向けブランド「エビータ」を大幅拡充。同時に、この世代の男性向けの初ブランド「ボタンダウンクラブ」も売り出す。
http://www.asahi.com/business/update/0814/006.html

千趣会、20歳代前半の女性向けカタログ「プチベルメゾン」を年2回(春・秋号)発行
「恋するツーハン」をテーマに恋愛に関心の高い世代に向けたファッションを提案。8月の創刊秋号は洋服や化粧品など400点を掲載し100万部発行。持ち運びに便利なA5判で、パソコンや携帯電話からも簡単に注文できる。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/trend_news_view.cfm?pos=5&genre=t1

東レ、蝶理の公開買い付けが完了
東レは蝶理株の22.9%を保有する第2位株主だったが、筆頭株主の旭化成が保有する28.6%を買い取ることで、持ち株比率を51.5%に高め、子会社化した。東レは蝶理の持つ縫製や流通など川下機能や中国事業を評価しており、グループの中核商社に位置づける。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20040813AT1D1303413082004.html

バービーを大統領に
マテル社は12日、マンハッタン地区タイムズスクエアにある玩具小売店トイザらスの旗艦店で、大統領選候補に扮したバービーの発売記念イベントを開催。記者会見を模して行われたイベントには、「未来の本命候補」の文字入りTシャツを着た3歳から12歳までの女児が大勢参加し、投票を呼びかけるスローガンも掲げられた。大統領候補版バービーは、大統領選終了までをめどにトイザらスで限定販売される。
http://www.reuters.co.jp/newsArticle.jhtml?type=entertainmentNews&storyID=5965861

容器包装リサイクル法運用厳格化
経済産業省は、容器包装リサイクル法に基づくリサイクル費用を納めていない「ただ乗り」企業の取り締まりを強化する。経産省が昨年度、小売業や繊維・衣料、化粧品など約3000社を調査した結果、716社がただ乗りをしていた。うち495社が支払いに応じず、口頭での注意を無視し続ける「確信犯」も多いという。
http://www.asahi.com/business/update/0813/081.html

グッチの新作バッグ
http://www.rakuten.co.jp/brand-uno/223252/224603/

プレスリリースやフェアの案内、ショップのオープン情報などは、メールでginandit@aol.comまで、お送りください。

最新のニュース 

HOME

Fashion Street JAPAN Press.1998-2004. Fashion Street, Tokyo Japan.
Fashion Street Magazine.
Copyright 1998-2004 Gin and it