Fashion Street News Index ファッションニュース(2004年10月)
ショップのオープン情報や最新の流行、ファッションビジネス、ブランド、デザイナーの動向などのファッションニュースを紹介。

2004年10月12日(火)
トラント、新フレグランス「MY TORRENTE」発売
より若い層に向けたフレグランスで、球体形のボトルは、手の中に包み込めるようデザインされ、ラセン型の刻みが入る。パッケージーングは現クリエイティブ・ディレクターJulien Fournieによる、創業者Rosette Torrente Mettへのオマージュとされている。調香は「L’OR」に続き、Jean Jacques。

2005春夏パリ・コレクションYSLルイ・ヴィトンロシャス
ステェファノ・ピラッティによる、イブ・サンローランの初コレクションは、前回までのロダン美術館に変わり、今回の会場は元証券取引所。白いタフタをあしらった黒の水玉模様の入った高い襟のトレンチや、技術の高さを物語るタフタドレスをはじめとした作品を披露。白と黒、赤に黒などくっきりとしたプリントや、布を丸い形に切り取り水玉を表現。
悪くはないと思うんですが、なんかクラシック?トム・フォードの真似をする必要はないと思うんですが、なんかミウッチャやトムみたいな衝撃がないんですよね。まだ、ファキネッティのグッチのほうがよかったかなあ。
http://www.reuters.co.jp/newsArticle.jhtml;jsessionid=VURJ1X4TZV410CRBAEZSFFA?type=entertainmentNews&storyID=6464587
http://www.yomiuri.co.jp/collection/paris/ysl_rg/index.htm

ルイ・ヴィトンの招待状には村上隆が作った金色のサクランボ入り。ショーはヴィトンの2004秋冬のキャンペーンモデルであるクリスティーナ・リッチが、黒いスーツスカートに白い靴、バッグで登場してスタート。白のフリルやレースを使ったドレスが続き、続いてカラーパレットは赤やピンク、パープルに。細かい花柄プリント、イブニングドレスもレースで可愛く。ファレル・ウィリアムスと共同製作したサングラス、モノグラムに村上が描いた赤いサクランボのバッグ、デニム・クラッチも注目。最前列には、マギー・ギレンホール、ソフィア・コッポラ、カトリーヌ・ドヌーブ。「このコレクションは、40年代、50年代、70年代、80年代に関係があります。私にとってレトロはただの単語です。でも、今、私は、私の周りにいる多くの若い女性、友達や女優が、これらの服を着ているのをよく見ます。従って、それはレトロではありません」とマーク。「とてもフェミニンでセクシー」とドヌーブ。「とても美しくて、バッグはキュート」とソフィア。
マークはいつもNYの時より、パリのほうがなんかすっきりしているんですよね。パリのほうがやせるのかなあ。
http://www.yomiuri.co.jp/collection/paris/louis_vuitton/index.htm

ロシャスはシンプルながら上質な白いスーツでスタート。淡い水色や深緑、黒のスーツが次々と登場。表面にあしらった凹凸がシンプルな形に上質感を感じさせる。黒いレースのスリップドレスに、コルセット風ドレス、ラストのイブニングドレスもゴージャス。
http://www.yomiuri.co.jp/collection/paris/rochas/index.htm

高島屋2004年8月中間期の連結決算、減収増益
経常利益が前年同期比19%増の141億円。猛暑で入店客数が減少し店頭販売は苦戦したが、人件費や物流費など販管費削減で吸収した。2005年2月期の連結経常利益は前期比26%増の337億円を見込み、従来予想より30億円上方修正。中間期の売上高は前年同期比12%減の5043億円。百貨店事業は4%の減収だった。改装した玉川店と東京店以外は全般に苦戦した。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20041012AT3L1205912102004.html

リシュモン・ジャパン、米国ジュエリーブランド「ミミ・ソー・ニューヨーク」のブティックオープン
三越日本橋新館、伊勢丹新宿店に日本初のブティックをオープン。ニューヨーク出身のミミ・ソーは、デイヴィッド・ボウイとイマンの結婚指輪を製作したことで知られる、セレブ御用達のジュエリーデザイナー。

トミーヒルフィガージャパン、「トミーヒルフィガー渋谷店」オープン
PICASSO347の3階にオープン。メンズ、レディス、2004秋冬から展開するた「ヒルフィガースポーツ」までフルラインをそろえた。同様の店は、福岡、大阪、仙台に続き4店舗目。

カルフール日本撤退か?
米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は11日、世界第2位の小売りチェーン店のカルフールが日本での事業を売却し、撤退を検討していると報じた。欧州での販売不振や、競争激化を克服するための資金調達が目的で、日本事業の売却額は最高4億ドル(約440億円)の可能性があるという。カルフールは2000年に日本での1号店を開店後、全国に8店を展開中。同紙は売却先候補に米ウォルマート・ストアーズ、英テスコ、日本のイオンを候補に挙げている。
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20041012k0000e020083000c.html
http://www.sankei.co.jp/news/041012/kei022.htm

三越日本橋本店の新館オープン
オペラ歌手による祝いの曲が歌われた後、中村胤夫社長が「三越百年の集大成。驚きや発見、希望に満ちた百貨店にしたい」とあいさつしてテープカット。新館オープンにちなみ、100カラットのダイヤモンド(29億4000万円)などを用意した。
http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20041011ib01.htm

マイケル・ジョンソンの日本初となる個展「Words & Pictures」開催
イギリスを代表するグラフィック・デザイナー、マイケル・ジョンソンが率いる「ジョンソン・バンクス」は、英国屈指のクリエイティブ・デザイン事務所。彼らが手がけたポスターや切手など数々の作品を紹介。銀座の「クリエイションギャラリーG8」で29日まで。土、日は休館。入場無料。
http://www.vogue.co.jp/news/index.jsp

銀座の和光ホールで「プラチナと絹の晴れ着展」
ファッション評論家、大石尚が製作したプラチナの打ち掛けとウエディングドレスなどを展示。16日まで。大石が収集した18-20世紀のドレスコレクションの一部も紹介。
ルイ王朝時代のウエディングドレスや、ディオール、カルダンのドレスも展示。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2004/oct/kiji/ffile_10.html

五本指の靴下が人気
足の動きをよくする、蒸れないということから、大リーグ・ヤンキースの松井秀喜もゲームで使用、スポーツ分野だけでなくビジネス分野でも愛用者が急速に広がりをみせている。
http://www.sankei.co.jp/news/041010/kei036.htm

米俳優、クリストファー・リーブ死去
10日にニューヨーク郊外の病院で心不全のため52歳で死去した。ニューヨーク生まれ。コーネル大などで演劇を学んだ後、ブロードウェーで俳優デビュー。その後、78年の映画「スーパーマン」の主役に抜てきされたが、95年、乗馬中の事故で脊髄(せきずい)を損傷。体が不自由になってから後は社会活動家として活躍した。98年にはヒッチコックの名作「裏窓」をリメークした作品で俳優としてもカムバックしていた。
リーブといえば、やはりスーパーマンですが、個人的には「ある日どこかで」が一番印象に残っています。タイムトラベルを絡めたラブストリートして屈指の作品だと思いますし、ラストシーンも素晴らしく、単なるヒーローものだけでなく、こういう切ない演技も出来るんだなあって感じで、自分の好きな映画ベスト10に入っています。ご冥福をお祈りします。
http://www.asahi.com/culture/update/1011/003.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/geinou/news/20041012k0000e040058000c.html

朝日新聞、「女子大生のためのホンネ就活フェア」
12月11日、浜離宮小ホールで、就職活動をする女子学生を対象に、相手に好印象を与えるメークアップ術やエントリーシートの作成方法についてアドバイス。
http://www.asahi.com/event/sympo/TKY200410120044.html

2005春夏ミラノ・コレクション総括読売版
ドルチェ&ガッバーナは、写真家アーヴィング・ペンがアフリカを撮影した写真に刺激され、パイソン(ヘビの一種)やワニなどの革とレースをふんだんに使った豪華な服を並べた。ブルマリンもデザイナーが旅したアフリカをモチーフに。エトロは、インドやアフリカなど様々な国の民族衣装から発想し、動物モチーフを組み合わせた。クジャクの羽のスカートに鳥のアプリケなどを使ったのはプラダ。新たにグッチのデザイナーに就任したアレッサンドラ・ファッキネッティは、房飾りや刺しゅうをあしらったシルクのドレスを発表。マルニは、すそがふわりとふくらんだドレスなど丸いシルエットを描き出し、バーバリー・プローサムは、英国の植物園に想を得て花柄プリントを取り入れた。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/fashion/fc4a1200.htm

ユニクロ、韓国に進出
ファーストリテイリングは、12月に韓国のロッテグループと合弁会社を設立し、2005年秋にもロッテグループが展開するソウル市内の施設に、「ユニクロ」ブランドのカジュアル衣料販売店を開店する。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20041012AT3L1205V12102004.html

プレスリリースやフェアの案内、ショップのオープン情報などは、メールでginandit@aol.comまで、お送りください。

最新のニュース 

HOME

Fashion Street JAPAN Press.1998-2004. Fashion Street, Tokyo Japan.
Fashion Street Magazine.
Copyright 1998-2004 Gin and it