Fashion Street News Index ファッションニュース(2004年11月)
ショップのオープン情報や最新の流行、ファッションビジネス、ブランド、デザイナーの動向などのファッションニュースを紹介。

2004年11月18日(木)
ゴルチエ、フランスの通信販売誌「la Redoute」でデザイン
la Redouteはジャン・ポール・ゴルチエがデザインした20個のカプセル・コレクションを特色とする最新の2005年春夏号を明らかにした。「アイデアは、la Redouteのクラシックアイテムからとり、そこに私のシグネチャーであるストライプとジーンズを加えました」とゴルチエ。「これはゴルチエの、ファーストでもセカンドでもサードラインでもありません。全く別なもので、私が他のコレクションの中で製作しないもの、ベーシックでシンプル、かつ数多くの人が購入できるものです」。la Redouteは過去20年にわたり、数多くのデザイナーとコラボレートしており、イヴ・サンローラン、ソニア・リキエル、イッセイ・ミヤケも参加したことがある。昨年はヴィクター&ロルフが加わっていた。
でも、カール・ラガーフェルドのH&Mのヒットを一番喜んでいたのは、la Redouteのスタッフという話があります。カタログはこんな感じです。ゴルチエなんだけど、ゴルチエっぽくないかも。

ジル・サンダー、再辞任の続報
プラダグループが、「協力を終了することに穏やかに合意した」と発表してから1日が経ったが、その後の詳細は発表されていない。このため、数多くの噂が出回っており、一部の報道では、プラダグループの上層部の一人が電話インタビューで、「戦略および金融計画での異なる見解によってジル・サンダーは辞任した。しかし、ベルテッリは今も、ジル・サンダーの才能および独創性に対して多大なる賞賛を持っている」と語った。しかし、この人物は名前を明らかにすることは断ったという。
別な報道では、復帰後、売上は増加したものの、利益を計上するには至らず、プラダは多大な追加投資を求められ、バッグなどのアクセサリー販売を増やして利益を上げる方針だったが、この辺りを巡って対立があったという。
プラダグループのスポークスマンは、「コレクションは(前回と同様に)現在の会社内によるデザインチームが引き継ぐだろう」と語った。前回、ベルテッリは「ジル・サンダーほどのブランドならば、名前に依存する必要はない。大事なのは品質だ」と述べていた。
何人かのジャーナリストがジル・サンダーと連絡を取ろうと、彼女の携帯に電話したがつながらなかった。ジル・サンダーの次のコレクションは2005年1月にミラノで2005秋冬メンズコレクションが予定されている。
うーむ、結局はデザインチームですか。。。バッグとかで、例によって最高品質を求めたジル・サンダーともめたのかなあ。前回の時も辞任の引き金になったのは靴の品質についてという噂がありましたね。しかし、今回は前のときの契約と違って、サンダーは辞めた後、自由に別な自分のブランドを開始したり、どこかのクリエイティブ・ディレクターになれると思うんですよね(前回は契約で禁止されていました、今回もそういう秘密条項があるかもしれないけど)。ともあれ、何年か後に「デザイナーとブランドの関係」についての本が書かれるとしたら、1章が割かれる事態になったようです。

カルティエ、2005年11月に青山に大型直営店をオープン
仏カルティエインターナショナルのベルナール・フォーナス社長が明らかにした。カルティエを象徴する店と位置付け、宝飾品や皮革製品を販売する。新店は地上2階地下1階で、英国系不動産開発業者ヴェロックス・アセット・マネジメント・コープが、「プラダ」などが並ぶ御幸通り沿いに建設する商業ビルを賃借する。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/trend_news_view.cfm?pos=3&genre=t3

京都丸紅、押切もえの着物新ブランド「Oshikiri Moe」 発表
京都丸紅と丸紅ファッションプラニングは人気モデルの押切もえと契約し、新着物ブランド「Oshikiri Moe」 を2005年春から、発売する。押切もえが企画を手がけ、ブランドイメージは「ジャパニーズ モード」。古典的な着物の柄を、今の新しい感覚で振袖や着物にアレンジすることで、「スタイリッシュな新しいキモノ」を提案する。
丸紅の新着物ブランドは、2003年松田聖子、2004年杉良太郎といまいちターゲットが見えませんでしたが、これは、はっきりしてますね。もえちゃんのキモノですよ。普段、着物を着ない若い子も着てねってことですね。
http://www.marubeni.co.jp/news/nl/nl041117.htm

トリンプ、風水的に運気をあげる「Dr.コパの開運風水下着」発売
風水的に運気を上げると言われる5つのカラーをそろえ11月25日より発売。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=86641

Kマート、米百貨店最大手のシアーズ・ローバックを買収
買収規模は110億ドル(約1兆1500億円)。買収が完了すれば、年間売上高550億ドル規模を持つウォルマート・ストアーズ、ホーム・デポに次ぐ、米3位の小売店が誕生する。新会社名はシアーズ・ホールディングスとなる見込み。店舗数はフルライン店とオフモール店が合計2350店舗、専門店が1100店舗。新会社の会長には、Kマート会長で投資家のエドワード・ランパートが就く。同氏の運営する投資会社はKマート株の5割超、シアーズ株の約15%を保有している。Kマートは、2002年1月に経営破綻し、2003年5月に会社更生手続きから立ち直った。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20041117AT2M1702617112004.html
http://www.asahi.com/business/update/1118/005.html
http://www.reuters.co.jp/newsArticle.jhtml;jsessionid=PKAHYYDG1LDBOCRBAE0CFFA?type=businessNews&storyID=6840274
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003017&sid=a1_R_Z4UPD_I&refer=jp_news_index

大阪「ハービスエント」のグッチティファニーの内装
「グッチ大阪」は隣接施設にあった店舗を移転・増床。2フロアで店舗面積は780平方メートル。2003年から世界展開を始めた最新の内装を日本で初めて導入。鏡面仕上げの金属だった商品陳列台を焦げ茶の木目にして柔らかな雰囲気を出し、黒い鏡面仕上げの壁面を持つ宝飾品売り場も初めて設けた。他の店舗でも順次、同様の内装を取り入れていく。「ティファニー大阪梅田店」は関西初の大型路面店。2フロアで697平方メートルあり、1階は落ち着いた色調の木材などを使って高級感を出し、2階に関西で初めて、修理などに応じるカスタマーサービスセンターを設置した。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/trend_news_view.cfm?pos=1&genre=t3

シチズン時計、「ジャンポール・ゴルチエ」ウオッチ新製品
11月19日から「LeCollier(ル コリエ)」発売。「Collier」は、フランス語で「首輪」の意味で、犬の首輪がそのままウオッチになったような、デザインが特徴。
http://www.citizen.co.jp/release/04/041115go.html

スタージュエリーのクリスマス限定アイテム
注目は、スタージュエリーのシグネチャーでもある、星をモチーフにしたアイテムとスノーフレークのアイテム。
http://girls.www.infoseek.co.jp/beauty/fashion_news/?q=20041118

マフラーやショールの巻き方&コーディネート
巻きもの大好き。
http://www.elle.co.jp/home/fashion/news/news.php?news=04_1118

大人のコートはトレンチ
グウィネス・パルトロウは、最新作「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」のプロモーションのため、共演のジュード・ロウらとともにローマを訪問。MTVに白いトレンチコートをきっちりと着こんで出演した。
「スカイキャプテン」は面白そうですよね。すべてのシーンをブルースクリーンで撮影して合成した、あえて古めかしい映像が素晴らしいです。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2004/nov/kiji/17paltrow.html

ライオン、男性特有の体臭をつくる物質発見
同社のビューティケア研究所の尾本百合子らが特定。この物質はアンドロステノンといい、主にわきから分泌される男性ホルモンが皮膚の常在菌によって代謝されてできる。同社は、アンドロステノンを作り出すのに必要な皮膚の常在菌を働きにくくする防臭製品を2005春にも販売する計画。
http://www.asahi.com/science/update/1118/001.html

米サックス、8-10月期決算赤字に転落
純損益が前年の1200万ドルの黒字から2400万ドルの赤字に。リストラによる店舗整理のコストなどが響いた。売上高は前年同期比1%増の14億8100万ドル。
http://www.sankei.co.jp/news/041117/kei045.htm

桂由美、上海でブライダル専門店第1号店オープン
淮海路にオープン。店舗名は「公主館(プリンセス館)」。
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/343818

繊維大手8社の2004年9月中間連結決算
主力の繊維部門は横ばいだったが、薄型テレビのパネル向けフィルムなどデジタル家電ブームの追い風を受けた化成品部門が伸び、6社が増収増益になった。東レは、車のエアバッグ用のナイロン繊維などが好調。化成品も順調で売上高は中間期では過去最高を更新した。帝人は、エンジニアリング事業など不採算部門の撤退で減収になったが、繊維、化成品など全部門で増収。東洋紡は、デジタル家電向けの化成品が順調で15年ぶりに増収基調に転じた。クラレは中間期では売上高、利益ともに過去最高。三菱レイヨンは最高益で、日清紡も4年ぶりに増収に転じ過去最高益になった。
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20041118k0000m020030000c.html

ファッション・ストリート表参道
一昨年、ルイ・ヴィトンが青木淳設計によるデザイン志向の強いブティックを登場させて以降、世界ブランドとディベロッパーが、国際的に名の通る日本の建築家を起用したプロジェクトを次々と立ち上げた。完成間近の伊東豊雄による「トッズ」は、ケヤキのシルエットをコンクリートの外壁で表現し、同潤会青山アパート跡地では安藤忠雄設計の大規模商業ビルの建設が進む。
http://www.asahi.com/offtime/fashion/TKY200411170184.html

「ボージョレ・ヌーボー」解禁
販売が18日午前0時、全国一斉に始まった。
今日は解禁日です。で、
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20041118k0000m040149000c.html

三越日本橋本店、約100種類のヌーボーをラインアップ
地下1階特設会場で11月18日から20日まで。ほぼ、全種類試飲ができる。
http://www.shopper.jp/machikado/index.cfm?depainfo_id=1492&department_id=12

プレスリリースやフェアの案内、ショップのオープン情報などは、メールでginandit@aol.comまで、お送りください。

最新のニュース 

HOME

Fashion Street JAPAN Press.1998-2004. Fashion Street, Tokyo Japan.
Fashion Street Magazine.
Copyright 1998-2004 Gin and it