Fashion Street News Index ファッションニュース(2009年3月前半)
ショップのオープン情報や最新の流行、ファッションビジネス、ブランド、デザイナーの動向などのファッションニュースを紹介。

ファッション・ストリートファッション・ニュース> 2009年3月上旬のファッション・ニュース

最新のファッション・ニュースへ

2009年3月15日(日)
フォルクスワーゲン、バービー50周年を記念してピンクのビートルを製作
米国のフォルクスワーゲン社は、バービーの50才の誕生日を祝ってラインストーンで飾られ、ピンクのビートル・コンバーティブルを製作。「私たちは、マテルと提携し、バービーの誕生日を祝って、新型ビートルをカスタマイズしたことを非常に誇りにしています。新型ビートルのようにバービーは大衆文化史に影響を与え、今日まだ文化的アイコンのままです」とフォルクスワーゲン・アメリカのマーケティング部門のゼネラル・マネージャー、Laura Soave。インテリアはホワイトレザー、コンバーティブルトップとフロアマットはバービーの口紅にあわせたピンク。

ロレアル、イーベイを訴える
ロレアルの偽物を販売しているとして、オンライン競売サイト、イーベイに対して英国、フランス、ベルギー、ドイツ、スペインで訴訟を起こした。ロレアルは偽造製品の販売を止めるために、イーベイの対策は不十分だと主張。イーベイ側は単に消費者のための取引プラットフォームを提供しているにすぎないとしている。イーベイに対する判決は分かれており、ロレアルは、昨年ベルギーでの訴訟で敗訴。LVMHはフランスの裁判で勝訴したが、2008年8月に、ブリュッセルの商業裁判所は、偽造の製品が売られるのを防ぐためにイーベイがそのサイトを監視する必要はないと判断。ティファニーも米国の裁判で敗訴している。

ベルルッティ、日本上陸10周年を記念し「アレッサンドロ」「アンディ」の200足限定モデルを27日に発売
オルガが考えた茶系の特別色で色付けし、中敷きには10周年記念の刻印。10周年記念の刺しゅうが入ったシューバッグも付く。
http://www.business-i.jp/news/culture-page/news/200903140012a.nwc

ティファニー、真珠専門店「イリデス」事業から撤退
米国にある16店をすべて閉鎖する。米国で高級品の販売が一段と落ち込んでいることを受け、経費削減を加速する。顧客層を広げる狙いで2004年に参入した同事業は赤字が続いていたため、経営資源を「ティファニー」に集中する。イリデスはダイヤモンドに強いティファニーが新規の収益源として育てる計画で、当初は米国内の「ティファニー」より多い100店程度にまで広げる構想だった。しかしティファニー本体とは仕入れもデザイン部隊も別にしていたため、コストがかさんでいた。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M1400F%2014032009&g=G1&d=20090314

トリンプ、第12回「インナーウエアにまつわる川柳〜ブラ川柳〜」募集
「インナーウエアにまつわる川柳〜ブラ川柳〜」は10年以上続く、トリンプの代表的な文化活動の1つ。毎年1万句を超える応募があり、昨年は1万6666句の応募があった。
http://www.triumphjapan.com/release/senryu/20090311.html

サンエー・インターナショナル、BOSCHで「スプリングフェア」
3月22日まで開催。春のトレンドスタイルやアウターなどを展開。全国のBOSCHショップにて、期間中パンツを購入すると裾上げ加工代金をサービス。
http://www.sanei.net/news/bs/090313.php

デサント、「クレージュスポーツフューチャー」からノンファスナー仕様のゴルフパンツを発売
デサントは、「クレージュスポーツフューチャー」ブランドより、ノンファスナー仕様のゴルフパンツ「シェードオフパンツ」を新発売。「シェードオフパンツ」は、ノンファスナータイプに、飾り前立てをつけることでスラックスに見えるパンツ。またUVカット機能に加えストレッチ性に優れた素材を使用しているので簡単に着脱ができる。ハーフパンツ、ロングパンツの2種類。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=214610&lindID=4

丸善丸の内本店の4階ギャラリーで「アジアの布を纏(まと)う」展
アジアや中東の各地で手織りされた伝統布の美しさや、日々の装いに生かす方法を伝える展示会が20日まで開かれている。テーマは「アジアの布は、縫わない、切らない、そのまま纏うのが美しい」。沖縄の「芭蕉布」など日本の古布から、タイやラオス、西はトルコの織物まで16か国約300点の貴重な布が展示されている。入場無料。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20090315ok02.htm

晴れていても着られるレインコート
雨具メーカー「ムーンバット」は、今年の春夏のレインコートを前年比1.3倍にあたる約30種類に増やした。昨年は、ゲリラ豪雨と呼ばれる急な激しい雨が多かったことや、おしゃれなレインブーツが人気を博したことなどから、レインコートも前年比2倍の売り上げを記録。今年はさらなる需要を見込み、力を入れたという。従来品と違う点は、デザイン性。これまでは機能を重視し、ジャンパーなどの上からでも羽織れる大きめサイズで、色柄は地味だった。一方、国内ブランド「RDルージュディアマン」は今年、初めてレインコートを発売した。ギンガムチェックのトレンチコート風で、着丈は72センチと短め。黒とネイビーの2色。7分丈の細身のパンツと合わせると活動的な印象に、スカートと合わせると洗練された雰囲気になるという。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fashion/20090312ok01.htm

楽天、ミュウミュウの2009年春夏商品が登場
http://event.rakuten.co.jp/fashion/brand/topics/miumiu/


2009年3月14日(土)
マックス・マーラ、新コレクション「マックス・マーラ・アトリエ」
Max Mara Atelierでコートを中心とした17のスタイルを作成。

2009-2010年秋冬パリコレクションルイ・ヴィトンミュウミュウケンゾー、エリー・サーブ
マーク・ジェイコブスが「love letter to Paris(パリへのラブレター)」と名づけたルイ・ヴィトン。ランウェイ奥に二重の半透明の鏡のようなふすまが置かれ、「ヨーロッパのミューズ」にインスパイアされたコレクション。ぺプラムドレス、タイトなミニスカートスーツ、ワンピース。前半は黒が中心で、腰にパープルや赤いスカーフが巻かれる。ジップアップのボレロ、レースのブラウス、テーラードジャケット、ティアードスカート、頭にはプレイメイトのようなウサギの耳。バルーンスカートにロングブーツ、プリントドレスの岡本多緒、タキシードジャケット、リボンのベルト、ウエストを絞ってドレープを出したレインコート、フィッシュテールドレス。紙鎖のように作られたレザーのネックレス、上部にラッフルが付けられたロングブーツ、真珠がついたヒール、マーブル模様のクラッチ、銀でロゴが型押しされた財布、ターコイズのトートなども登場。「ラクロアのモデルだったMarie Seznecや,シャネルのVictoire de CastellaneにInes de la Fressangeraら、私が常に尊重し賞賛したデザイナーたちをインスパイアしたすべての素晴らしいフランスの女性について考えていました」とマーク・ジェイコブス。最前列にはミラ・ジョボビッチ、コン・リー、Alexa Chung、ガレス・ピュー。

大きくネックラインが開いたテーラードのコートドレスで始まったミウッチャ・プラダのミュウミュウ。ノースリーブのコートドレス、背中は露出し、ブラがそのまま見える。毛皮のワンピース。ボタンが外され下着を見せるコート。ミウッチャ・プラダが「ニュースーツ」と呼んだジャケットの代わりにフォックスのパッチワークで作られた長いストールを羽織り、スカートとヒップベルトで結ばれたスタイル。スパンコールやクリスタルのドレス。「私は考える限り、最もふしだら女性を送り出したかったのです。でも、その後、舞台裏に来た誰もが、少女たちがいかにシックに見えるか私に伝えました」とミウッチャ・プラダ。最前列にはジェシカ・アルバ、エバ・メンデス、ミラ・ジョボビッチ。
セクシーではあるんですが、決していやらしくはないんですよね。

ロシアからインスピレーションを取ったアントニオ・マラスのケンゾー。観客席にはマトリョーシュカ人形が置かれる。フォークロアなドレスのNimue Smitでスタート。ミリタリーコートにニットドレス、コクーンコート。毛皮のボレロ、ぺプラムジャケットの岡本多緒、ジャケットの裾に毛皮をあしらったテーラードスーツ、フローラルパッチワークのスモック。さらにマラスは70年代に高田賢三が使用したジオメタリックなプリントをフローラルサテンのジャカードとミックスしたドレスも披露した。

シンプルな白のドレスのジェシカ・スタムでスタートしたElie Saab。今回はイブニングよりもデイウェアを重視し、前半はモノトーンのドレスやワンピースが続く。パープルや赤、40年代風のシースドレス。ハイウエストのスリムなレザーパンツ、肩に羽毛をあしらったボレロ・ジャケット。ビスチェ・ドレス。
これで、2009年秋冬コレクションは終了です(東京やLAが残ってはいるけど)。個人的には80年代と黒が印象に残りました。また、NY・ロンドン・ミラノ・パリとすべてを制覇し、3.1 Phillip Limではミューズまで務めた岡本多緒の活躍が目立ちました。あとは、不景気はまだ続くでしょうし、そう簡単にはドレスなんかは売れないだろうから、小物でロベルト・カバリやジャイルズ、ダナ・キャランなどで登場したガーントレットなんか注目なんじゃないかと、個人的には思います。

イッセイ・ミヤケ、南船場の「ELTTOB TEP」に葉っぱのスピーカー「ジャングル・フォン」
音響装置に熱帯系の植物を差し込むと、葉が震えて空気が振動し、音が鳴る仕組み。航空会社のエンジニアが発明したという。同社が「ジャングルをイメージした服にぴったり」と採用。アマゾンの鳥の鳴き声などを流している。22日まで。
http://www.asahi.com/fashion/topics/OSK200903150033.html

三陽商会、「SmackyGlam」でMarine Fair
3月31日まで開催。15750円(税込み)以上の購入でオリジナルポーチ、21000円(税込み)以上の購入でオリジナルBAGをプレゼント。
http://www.smackyglam.com/archives/2009/03/smackyglam_marine_fair.html

サンエー・インターナショナル、VIVAYOUで春のブランドフェア「SLEEK BEAT」
3月13-22日に開催。VIVAYOUらしいROCKなビートにSLEEKなテイスト。艶やかな女性のセクシーさを漂わせたMIXスタイリングがオススメ。フェア期間中、21000円(税込)以上の購入で「オリジナルベルト」をプレゼント。
http://www.sanei.net/news/vy/090309.php

パルコ、水着キャンペーンに佐々木希を起用
キャンペーンは3-8月まで、パルコ各店のショップで開催。新作水着、限定水着などが多数並ぶ。注目の水着を集めたカタログも配布される予定。パルコは毎年、春から夏にかけて水着キャンペーンを展開しており、今年は「女性のための、女性による水着」をテーマに、3月から全国の店舗で水着売り場を順次スタートさせる。
http://mainichi.jp/life/fashion/news/20090313mog00m100006000c.html
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20090313ok06.htm
http://www.parco-swim.com/

トリンプ、「ワンピースブラ」の新作2型を3月19日より発売
今シーズンはシンプルなだけでなく見た目にもこだわった2つのバリエーションを展開。ひとつはバストを強力にボリュームアップしセクシーな谷間をつくる「ワンピースブラ 谷間くっきりタイプ」。カップサイドにフラワーモチーフの刺しゅうとラインストーンを施し、シンプルな中にも女性らしい可愛らしさを演出した。また自然なボリューム感を演出する「ワンピースブラ 胸もとすっきりタイプ」は単色タイプに加え、ブラジャーの内側とストラップにアニマルプリントを施したカラーも展開。
http://www.triumphjapan.com/release/product/20090311.html

田中貴金属ジュエリー、東京都文京区の「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」内に新店舗(約35平方メートル)をオープン
ホテル内に出店するのは初めてで、外国人観光客や結婚を控えたカップルなどにPRするのが狙い。目玉は、ブライダルデザイナーの桂由美の協力で製作した2台の18金製ティアラ(王冠型髪飾り)セット。参考価格は計1億円。非売品だが、同ホテルで挙式する女性には25-30万円で貸し出す。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20090314ok02.htm

ギルト、日本語サイトを開始
高級ブランド品を格安に売る米国のインターネット会員制サイト「ギルト」を運営するギルト・グループが、日本語サイトのサービスを始めた。高級ブランドを直接買い付け、36時間の時間制限をつけたセールで市価の50-70%引きで販売する。完全招待制のショッピングサイトだが、12日から2週間の期間限定でPRイベントに出席した山本モナからの招待として誰でも入会可能。入会金は無料。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20090312ok0d.htm
http://www.asahi.com/business/update/0312/TKY200903120205.html

ニッセン


2009年3月13日(金)
セリーヌ、フィービー・フィロのデビューは2009-2010年リゾートコレクション
セリーヌの2009年秋冬コレクションは社内のデザインチームが手がけたが、Phoebe Philoのデビューは2009-2010年リゾートコレクションからとなる。当初、フィロのデビューは10月の2010年春夏パリコレクションになるとみられていた。

2009-2010年秋冬パリコレクションクロエエルメス、ジョン・ガリアーノ
Hannah MacGibbonの2度目のコレクションとなるクロエ。ワイドカラーの毛布コート、裾を折り曲げたパンツでスタート。ハイウエストのワイドパンツ、レザーのキュロット、スウェードのジャンプスーツ、ダッフルコートのウエストをベルトで締め、ツイードのノーカラースーツ、シャツ、シルクのブラウス、黒いベルベットのサロペット。後半はプリーツが目立ち、テーラードジャケットにプリーツスカート、シースルーのプリーツスカートやホルターネックのドレスが登場。
フィービーやステラの全盛期に比べればっていう意見もあると思いますが、確実にMacGibbonは自分のスタイルのクロエを確立しつつあるように思います。

ランウェイ奥に無数のプロペラが回転し、ジェット機の轟音が流れる中始まったジャン・ポール・ゴルチエのエルメス。最初の飛行キャップにボマージャケットのラクエル・ジマーマンからレザーが多数登場。レザーのコートにパンツ、スカート、タイトなミニ、トレンチ。トレンチの裾はレザーのドレープによってプリーツスカートのようにも見える。ブルゾンにシャツ・タイ・パンツやテーラードスーツなどのマニッシュ・スタイル。ダッフルコート、ジャンプスーツ。カラーが毛皮のカーディガン、アストラカンジャケット、レザーのホルターネックドレス。

ランウェイ上に雪が降り、洞窟を思わせるようなレーザー光線が走る中、スタートしたジョン・ガリアーノ。ウズベキスタンやウクライナ、トルコなどとスラブにインスパイアされたフォークロアなコレクション。ペチコート、ボリュームのあるスカート、バラの刺しゅうやリボン、スパンコール、大きなメダルで飾られたドレス。フラメンコスリーブ、マタドール・ジャケット、プリーツのチュニック、パフスリーブのブラウス、コルセット。ミリタリーコートにシフォン、レースのシースルードレス。

サンエー・インターナショナル、「BODY DRESSING Deluxe」の「期間限定ショップ」をオープン
横浜そごう3階・南エスカレーター前スペースに3月17-30日、池袋西武3階・中央ゾーンB7で3月18-31日に期間限定ショップをオープン。この2ショップがお勧めする「限定商品」を用意するほか、バテンレースや鮮やかで美しいエキゾチックカラー、プリミティブなプリントなど、トライバル感あふれる洗練された今シーズンの新作コレクションを展開。期間中、4万2000円以上の購入で「オリジナルトートバッグ」をプレゼント。
http://www.sanei.net/news/bdx/090310.php

ゴールドウイン、極薄・ナイロン素材「センシティブ」を使ったメンズTシャツなど発売
競泳用水着「SPEEDO LZR RACER」のコンセプトを生かし、極薄・ナイロン素材「センシティブ」を採用した新規アパレルラインナップをSPEEDOの2009年秋冬シーズンより本格展開し、3月から全国4店舗にてオープンする「SPEEDO SHOP」でメンズTシャツやジャケットなどを先行販売する。センシティブは、極薄・軽量の高機能素材で、縫わずに接着でつなぎ合わせる。特殊なハニカム状の編み組織で、あらゆる方向に生地が伸び、どんな動きにもフィット。通気性・透湿性が良く快適で、高度なデザイン性や発色の良さが特徴。販売するメンズTシャツは価格が7245円。3サイズ、3カラーで展開。接着によるシャープな胸元のデザインが特徴のウイメンズポロシャツは8295円。2サイズ、6カラーをラインアップした。このほか、ロングスリーブTシャツ、ジャケット、パンツなども展開。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=214818&lindID=4
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20090311/1024504/

マテル・インターナショナル、バービー50周年を記念した商品や事業を日本で展開
バービー50周年を機に、女児向け玩具ラインから「ピンク」でデザインを統一した新シリーズ「ピンクだいすき」を投入。コレクターラインからは、歴代の人気ドール復刻版シリーズ「マイ・フェイバリット・バービー」や50周年を記念した、体感できる「バービールーム」の全国キャラバンや、コレクターライン対象の50周年ナショナルキャンペーンなど、日本市場に向けた独自の展開を予定。「バービー 50周年アニバーサリーバービー」は、ゴージャスなゴールドのドレスに身を包んだセレブ風の豪華版。数量限定で4月に発売し、価格は8505円。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=214722&lindID=4
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903100085a.nwc

はるやま商事、大丸梅田店に「パーフェクト・スーツ・ファクトリー(PSFA)プラチナ」を出店
はるやまは三越多摩センター店(東京都多摩市)など郊外百貨店へ店を出したことはあるが、都心百貨店は初めて。大丸の店の売り場面積は約100平方メートル。従来のプラチナ店で4万9350円だったスーツの上限価格を3万9900円に下げ、2万9400円の商品と併せて売る。スーツはイタリア素材を使い、若者向けに従来より少し細身に仕上げた。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT1D110CW%2011032009&g=S1&d=20090311

トゥモローランド渋谷店で「ファリエロ サルティ」のストール販売会
3月13-22日の期間限定で開催。カシミア、コットン、シルク、モダール、今回は、「トゥモローランド」の別注アイテムを含む、約60種類を展開。
http://www.elle.co.jp/fashion/news/tomorrowland09_0310

丸井、排出量表示のシャツ発売
製品の製造から廃棄・リサイクルの過程で排出される二酸化炭素(CO2)を表示する「カーボンフットプリント」をプライベートブランドのワイシャツに導入し、発売した。丸井はカーボンフットプリントの実用化を目指す経済産業省の研究会に参加。ワイシャツ1枚当たりの排出量は研究会の基準に基づき9812グラムと算出した。さらに販売分のCO2排出権を非営利法人「日本カーボンオフセット」を通じてインドの風力発電所から購入。このワイシャツの製造・販売・廃棄の過程で排出される全CO2を、環境に優しい風力発電に由来する排出権で相殺する仕組みも導入した。
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2009/03/09/20090309ddm008020038000c.html

ユニー、「リーフウォーク稲沢」を28日にオープン
JR稲沢駅東側の旧国鉄稲沢操車場跡地周辺(愛知県稲沢市)に建設中の大型商業施設「リーフウォーク稲沢」を28日に開業する。稲沢市はユニーの本社所在地で、同社六つ目の大型モール。総合スーパーのアピタと、衣料や雑貨など145の専門店を集めたモールの2棟構成で、営業面積はユニーの大型モールでは最大級の約5万平方メートル。年間1千万人の集客と200億円の売り上げが目標。南東に約7キロ離れた名古屋市西区には、イオンモールと三菱商事が手がける大型商業施設「モゾ ワンダーシティ」が4月21日に開業する。スーパーのジャスコに220の専門店を備え、規模ではユニーの店舗をしのぐ。
http://www.asahi.com/business/update/0310/NGY200903100016.html

ニューヨーク・コレクションの日本人デザイナー
2009年秋冬NYコレクションで、リボンをモチーフにした服をランウエーで披露し、デビューした「イー・ワイ・ワダ」。マーク・ジェイコブスなどでパタンナーを務めた和田修治と、韓国出身のデザイナーのウニョン・ソンのブランド。「日本でパタンナーをしていた頃からニューヨークを意識していた。欧州と比べ、若手のデザイナーが育つ土壌があり、ビジネスの面でも優れている。世界の注目が集まる街から発信することで、将来は日本や韓国などアジアに展開したい」と和田。「アイディーン」の平田純子、柳瀬睦子のデュオも初の参加。未知の世界である深海をイメージし、ダークなテイストを取り入れたデニムなどのコレクションを発表した。活動の拠点にニューヨークを選んだことについて、柳瀬は「パリの伝統的なメゾンはきれいで個性的だけど、ふだん着ることを念頭において服をつくりたかった。ニューヨークはトレンドに関係なく好きなファッションが支持されるので、自由」。平田は「プレス、バイヤー、ロゴやタグを手がけるグラフィックデザイナーら、ニューヨークにはフリーのプロフェッショナルがそろっており、ブランドの確立をサポートしてくれる」という。「消費者の目が厳しくなる不況は、逆にチャンス。日本の素材や技術、ディテールにこだわった服づくりで個性を打ち出したい」と2人。和の伝統をモダンに解釈した作風で注目される「まとふ」。デザイナーの堀畑裕之と関口真希子は2月、ニューヨークの展示会に2009年秋冬の服を出展した。
http://www.asahi.com/fashion/beauty/TKY200903060252.html


2009年3月12日(木)
フォーブスの世界長者番付、ZARAの創業者Amancio Ortegaが10位にランクイン
米経済誌フォーブスが2009年版の世界長者番付を発表。マイクロソフトのビル・ゲイツ会長が資産額400億ドルで2年ぶりに首位に返り咲いた。フォーブスは2月13日時点の保有資産の時価総額を基に算出。ファッション関連では、IkeaのIngvar Kampradファミリーが220億ドルで5位。Zaraの創業者Amancio Ortegaが183億ドルで10位。LVMHのベルナール・アルノーが165億ドルで15位。H&MのStefan Perssonが145億ドルで18位。ロレアルの創業者の娘Liliane Bettencourtが134億ドルで21位。オットーのMichael Ottoファミリーが132億ドルで23位。ナイキのPhilip Knightが82億ドルで52位。シャネルを所有するAlainとGerard Wertheimer兄弟が80億ドルで55位。PPRのFrancois Pinaultファミリーが76億ドルで60位。ユニクロの柳井正が60億ドルで76位。ジョルジオ・アルマーニが28億ドルで224位にランクされている。
昨年はアルノーが13位でAmancio Ortegaは22位だったんですが、逆転しました。低価格のほうが伸びているのかという気もしますが、一方で昨年39位だったピノーを58位だったシャネルのWertheimer兄弟が逆転するという現象も起きています。まあ、こうしたお金持ちはブランド以外にもワイナリーなどを複数所有していたりするので、一概には言えませんが。

2009-2010年秋冬パリコレクション、アレキサンダー・マックイーン、シャネルヴァレンティノ、タオ
ステージ中央にブラウン管テレビや車輪、シンク、木の枝、チェスのこまなど過去のショーのステージの残骸が置かれて始まったアレキサンダー・マックイーン。「Horn of Plenty」と名づけられ、母親のJoyce Barbara McQueenに捧げられた。モデルの唇は赤く分厚く塗られ、頭には傘や鳥かご、ホイール、洗濯機のホース、ごみ箱、ランプのかさ、空き缶を束ねたり、江戸時代の三度笠のような帽子。チェックのスカートスーツに千鳥のスカーフ・タイツで始まり、大きな千鳥のコート、ツイードのスーツ、ぺプラム。赤と黒の鳥のプリントはM.C.エッシャーの絵をイメージ。フィッシュテール、黒い羽根で覆われたコクーンコート。

シャネルのカール・ラガーフェルドはボー・ブランメルにインスパイアされたコレクション。「Belle Brummell」と名づけられ、首と腕に白い装飾がつけられた黒いドレスのカレン・エルソンでスタート。同様に首と袖に白い装飾のシャネル・スーツ、ツイードのスーツ、黒のスリムなロングコート、ニットジャケットにニットドレス、レザージャケット、ジャンプスーツ、ダブル・レイヤーのシフォン・スカート。フラットな帽子、携帯電話・サングラス・コンパクト・口紅・フレグランスが収められた透明なバッグや背中のスクエアリュックもポイント。「私は、ボー・ブランメルについて、ココ・シャネルの視点で考えていました」とカール・ラガーフェルド。最前列にはケイト・モス、Freida Pinto、Olga Kurylenko、リリー・アレン、クローディア・シファー、ミラ・ジョボビッチ、シャネルの映画に主演するAnna Mouglalis。

オートクチュールに続いて、Maria Grazia ChiuriとPier Paolo Piccioliによる初のプレタポルテコレクションとなったヴァレンティノ。黒のノースリーブ・ドレスでスタート。プリーツドレスにヒョウ柄、袖の先や裾に毛皮をあしらったコート、長い袖のボレロ、ラインストーンが装飾されたシース・ドレス、縁に宝石がつけられたスカート、トラピーズ・ラインのドレス。
ジャクリーン・ケネディのような1960年代のエレガンスをイメージしたコレクションだったせいもありますが、個人的には博物館から運んできた服って感じで、現代性を感じられませんでした。

デコレーションケーキから東ヨーロッパにインスピレーションを得た栗原たおのタオ。おとぎ話に出てくるようなドレス、頭には大きなリボン、ケープにティアードスカート、シースルーのスカート、コサック・スタイルのチュニックにパッチワークのプリント。

ブルガリ、2008年の利益45パーセント減
利益をあげていないショップは閉鎖すると発表。2008年の売上は時計が10.6パーセント減、アクセサリーが1.5パーセント減、ジュエリーが2.5パーセント減、フレグランスのみが12パーセントの上昇だった。

プラダ、10%値下げ
プラダを日本で販売するプラダジャパンは14日から、全国の直営38店舗で、バッグや靴など全商品の約5割に当たる商品を一律10%値下げする。値下げするのは、主に季節性の高い商品で、バッグの約8割、洋服や靴、財布などの小物の約25%に当たる。プラダジャパンはこれまで売れ行きや為替相場によって、個別の商品について価格を調整してきたが、商品を一律で値下げするのは同社が設立された1991年以来初めて。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090312-OYT1T00031.htm?from=main5

DIANE von FURSTENBERG、国際女性デーキャンペーン
ダイアンが賛同する女性支援NGO団体「VITAL VOICES」と、3月8日の国際女性デーを皮切りに、世界中のDVFショップでキャンペーンを開催。3月8-15日の期間の売り上げ額10%を発展途上国の女性の教育や、女性リーダー育成のチャリティーに寄付する。さらにWomen's Dayキャンペーンの限定アイテム、「proud to be woman」とダイアンのメッセージがプリントされたTシャツ、エコバッグ、「VITAL VOICES」の作品コンペで優勝したハイチの女性アルティザンが手がけた麻バッグをDVFショップ限定で発売予定。エコバッグは3月下旬発売予定で、青山と六本木ヒルズの路面店ではスペシャル企画も予定されている。
http://www.sanei.net/news/dvf/090310.php

ジョン・ガリアーノの新ライン「ガリアーノ」のショップがオープン
2007年パリで発表されたジョン・ガリアーノの新ライン「ガリアーノ」の表参道ヒルズ店と新宿伊勢丹店が3月、相次いでオープンした。ガリアーノブランドとしての店舗は日本初。これまでも小物などはジョン・ガリアーノやセレクトショップにて販売していたが、ガリアーノのみを取り扱う店舗は日本で初めて。ニューオープンを記念して、表参道ヒルズ店限定のスウェードパンプスなど、各店舗では限定アイテムも発売中。ガリアーノ 表参道ヒルズ店、東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ本館1階。ガリアーノ 伊勢丹新宿店、東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館4階「ザ・メッセージ」。
http://www.asahi.com/fashion/shopinfo/TKY200903090266.html
http://www.elle.co.jp/fashion/news/galiano09_0311

トッズ、伊勢丹新宿店で2009年春夏の新作を先行販売
3月17日まで開催。特に注目したいのが、グウィネス・パルトロウの理想のバッグを形にした「トッズGバッグ」。大きく開いて荷物の出し入れがしやすい開口部と、たっぷりの容量。そして、すっきりしたルックスという条件をすべて満たしたデザイン。ベージュ、ホワイト、ブルーなどの通常展開カラーに加え、このフェアだけでしか手に入らない限定色のフューシャも登場。さらにこの期間に限り、一枚革で作るハンドメイドのモカシン「ゴンミーニ」の、イヴニング・コレクションのオーダーも可能。
http://www.elle.co.jp/fashion/news/tods09_0309

ショーメ、ティエリー・フリッチ社長来日
「ル・グラン・フリソン(一目ぼれ)」の発表を機にこのほど来日した。「新作はその名のとおり、恋の出会いのときめきや衝撃を表現したジュエリー。花火のようにスパークする感じやきらめく色彩を、ダイヤモンドやルビーなどを複雑に配置して表しました。広告に起用したのは、フランスの世界的な女優ソフィー・マルソーです。230年ほどの歴史伝統と現代的な創造性を併せ持つパリのジュエラーであることを、今後改めて強く訴えていきたい。ルーツと個性が求められる時代だからこそ、強みを発揮できる。マルソーはイメージにぴったりでした。未曽有の不況の中にいますが、ショーメは独自のデザイン性を持つハイジュエリーという位置づけで特定の顧客層に支持されているので、先行きにそう不安は感じていません。日本は全売り上げの3分の1を占める世界第1の市場。日本の人は伝統技への理解が深い。我々の繊細で控えめな作りやスタイルに共感していただいてきました。ブランドとは、言い換えれば人柄そのものだと考えます。生来持つ性格や器量こそが大切。ショーメというブランドの人柄に、従順について行こうと思います」。
http://www.asahi.com/fashion/topics/TKY200903060254.html

伊勢丹、吉祥寺店や千葉・松戸店など4店の営業時間を4月1日から30分短縮
飲食店の入ったフロアを除き、閉店時間を午後7時30分から午後7時に繰り上げる。消費が低迷するなかで光熱費など店舗維持費の削減につなげる。営業時間の短縮に伴い、社員の勤務体制も2交代制から交代なしに変更する。交代の時間帯に接客がおろそかになるといった問題も解消できるとみている。年間の総労働時間は、休日を増やすことなどで変わらないようにする。閉店を早めるのは、ほかに神奈川・相模原店と東京・府中店。新宿本店など3店舗の営業時間は変えない。まず9月まで実施し、状況を見ながら続けるかどうかを決める。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT3K1100Y%2011032009&g=S1&d=20090311

百貨店各社が営業時間を短縮
伊勢丹以外にも、三越が4月から全国8店で短縮。すでに高島屋も首都圏郊外の2店で3月から実施しており、消費不況の中で各社とも営業時間を短縮することで経費の削減を図る。高島屋は、大宮店)で1日から1時間、立川店)で4日から営業時間を30分短縮した。
経費削減での短縮は仕方ない気もするのですが、個人的には夜にも行けるように開店時間を遅くしても、閉店時間は延ばしてほしいぐらいなんですけど。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090311/biz0903112209031-n1.htm

西友、1470円の男性用ジーンズを発売
2月に同じ価格で女性用を出したところ、それまでの2.5倍も売れるなど好評だったため、男性用も投入して衣料品売り場へ客を呼び込む。今まで1990円で売っていたジーンズと同等の品質を保ちながら、中国の拠点で大量生産することで500円以上安くしたという。サイズもこれまでの7種類から10種類に増やす。全店舗の約4分の1にあたる100店で扱う。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090312AT3K1200W12032009.html

田崎真珠、大阪証券取引所1部への上場廃止
東証1部の単独上場にする。大証の取引高が少なく、管理負担やコストを軽減するため。11日に申請し、1カ月後に上場廃止になる。また、2009年10月期連結業績予想が、売上高が202億円(前期比31.7%減)、営業損益は4億円の赤字(前期は25億円の赤字)、純損益は60億円の赤字(同162億円の赤字)になるとの見通しも発表した。
http://www.asahi.com/business/update/0310/OSK200903100077.html

ケイタマルヤマの女性用ゴルフウエア
「きれいに見える」「かわいく見える」ことは大事。こう言い切るデザイナーの丸山敬太がデザインした女性用ゴルフウエア「KEITA MARUYAMA on Green」の発売が今春から始まった。ゴルフシーンをトータルでコーディネートすることを目的に、ラウンド中だけでなく行き帰りにも着られる服をそろえた。丸山は「家を出るときからラウンドして帰るときまでを楽しむお手伝いをする、そんな服であってほしい」と話す。
http://golf.nikkei.co.jp/interview/shinan/article.aspx?id=MMGOi1000009032009

旭化成せんい、2009年キャンペーンモデルに蔵歩実と中国・黒竜江省出身のシー・ウンルーを起用
2009年水着素材の発表会を開いた。今年は保温性の高さと着心地の良さを両立させた新素材が加わり、フィットネスクラブ利用者向けなどを強化する。競泳水着にも力を入れ、水着全体で前年度比5%増の販売量を目指す。
http://mainichi.jp/life/fashion/news/20090311k0000m020040000c.html
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903110087a.nwc
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090310-OYT1T00856.htm


2009年3月11日(水)
アザロ、アメリカでの旗艦店を計画
Azzaroのデザイナー、Vanessa Sewardはパリ・Saint-Honoreの旗艦店で2009年秋冬コレクションをプレゼンテーション形式で披露。米国で旗艦店を開く計画を明らかにした。「私がアメリカの女性に関して愛していることは、彼女らがより盛装しているということです。ある意味ではフランスの女性以上に」とSeward。秋冬コレクションではクリスタルのボタンやネックラインを宝石で飾られたドレスなどを披露。「それは常にスタイルの発展です」とSeward。

2009-2010年秋冬パリコレクションステラ・マッカートニー、ヴィクター&ロルフ、Giambattista Valli、YSL
背景にSam Taylor Woodの写真とChapman Brothersのイラストが飾られたステラ・マッカートニー。1995年のセント・マーティン卒業コレクションを思わせるランジェリーとサビルロー仕立てをフェミニンにしたコレクション。白と黒のプリント・ドレスでスタート。テーラードジャケットにラウンドコート、フェイクレザーのミニトレンチにタイトなミニワンピース、千鳥のタイトなミニスカート、ジャージ・セータードレス。ダブルのテーラードジャケットにレースのミニワンピース、タキシードジャケットにワンピース、シースルーのブラウスにタキシードパンツの組み合わせ。ベルベットのドレス、オフショルダーやレースのドレス。「私は、ステラ・ガールを見たかった」とステラ・マッカートニー。フィナーレに流れるのはビートルズの「ロング・アンド・ワインディングロード」。最前列にはサルマ・ハエック、ツィギー、Emma de Caunes、ケイト・ヤング、Pink、Thandie Newton、モナコのキャロライン王女の娘Charlotte Casiraghi、ポール・マッカートニーと恋人のNancy Shevell。

古代ギリシア・ローマの彫像にインスパイアされたヴィクター&ロルフ。ランウェイ奥に大理石の彫像が置かれ、モデルの顔や首は白く塗られる。女神のようなドレープコートでスタート。ノースリーブのジャケット、三角錐が浮き立ったコートにスカート、レザートレンチのガンバッチにもドレープ。ワイドなキュロット、シルクシフォンのシャツドレス。「不安定なこの時に、多くの人は永続する安定を望みます。すべてのものは上がって、やがて落ちます。したがって、永遠なものは深遠な意味を持っていなければなりません」とヴィクター&ロルフ。

イヴ・サンローランへのオマージュとなったGiambattista Valli。大きなラペルでオレンジのハーフコートを着たJourdan Dunnでスタート。黒のバブルコート、袖がファーのコート、ボレロ、黒と白のチェックのモヘアスカート、チュニック・ドレス。フィナーレはピーコックフェザーのドレス。

黒いレザーのトレンチコートで始まったステファノ・ピラッティのイヴ・サンローラン。プログラムには「制約によって教わった感情」と書かれる。レザーのミリタリーコートにブルゾン。丁髷のようなヘアスタイルにサーモ成型のテールコート、白い半そでのシャツにレザーのパンツ、素肌にレザーのつなぎ、ストライプのスカートスーツ、レザーの水着。ラストはラペルがサテンのタキシード・ドレス。「私は時勢を反映しなければなりません。また、これは実際に私のムードです」とStefano Pilati。最前列にはミラ・ジョボビッチ、クローディア・シファー、カトリーヌ・ドヌーブ、マーク・ニューソン、シャーロット・ストックデール。

ヨウジ・ヤマモトフェラガモのコラボシューズ7月に発売
山本耀司の2009年秋冬コレクションにも登場したカプセル・コレクション「Salvatore Ferragamo for Yohji Yamamoto」が7月から山本耀司のブティックと一部の世界中のフェラガモ店で発売される。「靴は、たぶん、服よりもデザインするのが難しいアクセサリーです」と山本耀司。「山本耀司とのダブルネームは、私たちのブランドが最初からそうであったように、現代アートとデザイン界を維持する理想的な方法です」とフェラガモのレディス・レザーグッズ部門のディレクター、ジェームズ・フェラガモ。

エドウイン、レッグウエア「ラディーバ」を発売
レギンス感覚ではけるニットデニム素材の新レッグウエアを3月20日より全国で発売。ジーンズらしい外観とレギンスのソフトさ・軽快さを融合させた。エドウイン独自に開発したベースパターンを使用し、体にジャストフィットした、脚のラインをより綺麗に見せる美脚シルエットを構築。腰が浮かず丁度良い股上、ポケットの形状・付け位置、バックポケットの刺しゅうステッチの形状など、全てがジーンズで培った小尻・美脚効果を追求した仕様となっている。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=214588&lindID=4

バルス、三菱商事と提携強化
雑貨専門店「Francfranc(フランフラン)」を展開するバルスは、同社株4.3%を保有する三菱商事と提携関係を強化することで合意。三菱商事が今後、バルスの高島郁夫社長が保有する同社株1%分を新たに追加取得する。また、三菱商事が持つ世界の事業・情報網を活用し、「フランフラン」の海外展開や商品調達の強化を図る。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903100052a.nwc

ホワイトデーのお返しに関するアンケート
東急ハンズでは951人の女性にホワイトデーのお返しに関するアンケートを実施。本命の彼から贈られたいのは、アクセサリーが37%でトップ。しかし金額について聞いてみると、「気にしない」が45%、「チョコと同額」が22%。2位以下はクッキー、キャンディーなどお菓子が17%。義理チョコのお返しについて金額を尋ねると、「チョコと同額」が45%、「気にしない」が39%。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/life/antenna/20090309ok04.htm

セブン-イレブン、スザンヌとコラボした「パラドゥ」ブランドの化粧品を発売
3月18日、スザンヌとコラボレートしたコスメを発売。目元や唇に立体感・陰影をつけることにより誰でも簡単にスザンヌのような「ハーフ顔」になれるというコンセプトの化粧品(アイシャドー、チークカラー、ルージュグロスの計3品)で、セブン-イレブンオリジナルのメイクアップ化粧品ブランド「パラドゥ」から、関東地区のセブン-イレブンとイトーヨーカドーにて発売。5月中旬に全国に拡大する。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=214706&lindID=2
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903100041a.nwc

カネボウ化粧品、「KATE」からスティックタイプのアイシャドウ「ラスティングカラーアイズ」を発売
5月1日に、セルフメイクブランド「KATE」から、発色がよく落ちにくいスティックタイプのアイシャドウ「ラスティングカラーアイズ」を発売。繰り出し式の太軸を採用したスティックで、まぶたに簡単に塗ることができる。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=214737&lindID=4

ジーユー、990円のジーンズを発売
ファーストリテイリングは、「ジーユー」で990円のジーンズ(男女で12種類)を発売。今春から同店の全商品の約8割をユニクロの半値以下に下げる。2013年8月期に店舗数を4倍弱の200店に広げ、ユニクロに続く柱に育てる方針。ジーユーはファストリテイリング子会社のGOVリテイリングが関東と関西を中心に56店を運営している(1月末現在)。従来はユニクロの3分の2程度の価格で販売してきたが、新ジーンズの価格はユニクロの約3分の1の水準で、縫製にはカンボジアのユニクロの協力工場を活用した。初年度に50万本の販売を目指す。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT1D1009T%2010032009&g=S1&d=20090310


2009年3月10日(火)
Lee Cooper、フレグランスを開始
英国のジーンズブランド、リー・クーパーはフランスのGroupe Jacques Bogartとライセンス契約を締結。Jacques Bogartはリー・クーパーのフレグランスを製造・販売する。最初のフレグランスは2010年初頭に全世界で発売される予定。契約金額など、他の詳細は明らかにされていない。

2009-2010年秋冬パリコレクションラクロワ、ドリス・ヴァン・ノッテン、ウンガロ、フセイン・チャラヤン、ジバンシィ
大きなボタンの半そでコートで始まったクリスチャン ラクロア。パフスリーブのピーコート、ぺプラムドレス、テーラードスーツ、カラフルなプリントのスカート、ファー・カラーのコート、リボンやレースがつけられたサテンのイブニングドレス。

20世紀の画家、Francis Baconにインスピレーションを得たドリス・ヴァン・ノッテン。ランウェイ奥に大きな鏡が置かれ、ローブ風コートでスタート。パープルのピーコートを着た岡本多緒、ビッグサイズのセーター、ピンクのテーラードジャケット、オレンジのアイゼンハワー・ジャケット、テーラードカラーのダウンコート、レザーのワンピース、グラデーションのフラワープリント、レザーのトレンチ。「Francis Baconは新しく、より強いものを作成して、事態を破壊する一方で接続しました」とヴァン・ノッテン。

Esteban Cortazarの3回目のコレクションとなったエマニュエル・ウンガロ。マルチカラーの水玉グラデーションのバルーンスカートにショートジャケットでスタート。水玉のブラウスにショートパンツ、レザーのブルゾンに水玉のスカーフ、テーラードジャケットにバルーンスカート、水玉のタイツ。ピンクのワンショルダーマイクロミニドレス。「コロンビアで育った私が10歳だった時、ウンガロはヴェルサーチとヴァレンティノに加えて、私がかつては夢見た3人のデザイナーのうちの1人でした」とCortazar。Cortazarは、多くの若い女性がヴィンテージのウンガロを着用しているのを見て「私は彼女らに最新バージョンを与えたかった」と述べた。「これは、シックなウンガロ・マダムを少しだけ自由な精神でリラックスすることに関係していました」とCortazar。

「Earthbound」と名づけられたフセイン・チャラヤン。丈はほとんどがミニというセクシーなコレクション。真っ赤な唇にフライフロントのダブルコートでスタート。ノースリーブのミニワンピースにガーターベルトで結ばれたロングブーツ。大きくスリットが入ったドレス、Vゾーンを大きくあけたドレス、ホログラフィックなプリント、素肌にロングジャケット、レザーのコルセット。「グローバル化に対して、グラウンドに接する、地球を備えたタッチ。1つの場所にありながらも、他の世界を想像すること」とチャラヤン。

デザイナーのリカルド・ティッシがパリの交通渋滞に巻き込まれ、開始が1時間遅れたジバンシィ。片腕だけを露出したアシメトリーなドレスでスタート。レザーのスカート、ピークドショルダーのレザーブルゾン、フェザースカート、ビッグショルダーのワンピース、アシメトリーなぺプラムジャケット、羽根付きのヒールに帽子、羽毛のストール、腰や肩に羽根のように羽毛がつけられたドレス。「コレクションはスキャパレリ、動物的セクシー、40年代、30年代でした。私は、すべての種類の女性のために多くの異なるシェイプを示したかった」とティッシ。

ファッションハウスのFaviana、アカデミー賞ドレスのコピーを発売
ケイト・ウィンスレット、サラ・ジェシカ・パーカー、アンジェリーナ・ジョリーらがオスカーの授賞式で着たドレスのイミテーションを4月に発売する。ウィンスレットが着たサンローランが318ドル、パーカーのディオールが358ドル、ジョリーのエリー・サーブが278ドルで販売される。

帝国ホテルでバービーの誕生会
バービーは米国の玩具会社マテル社が1959年、国際おもちゃショーで発表。これまで150以上の国と地域で10億体以上が売れたという。初期の人形は約15年間、縫製業が盛んだった日本で生産された。57年末から約1年間はデザイナーがホテルの客室にミシンを持ち込んで試作を続け、22着の初代衣装を生み出したという。同ホテルで4月30日まで、初代からの人形や写真パネルなどが展示される。
http://www.asahi.com/fashion/topics/TKY200903090271.html

メナード化粧品、アーティストフレグランス第3弾「たおや香」を3月21日発売
女流洋画家、島田鮎子が描く叙情的な造形世界を形にしたフレグランス「たおや香」を発売。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=213941&lindID=4

セイコーウオッチ、「セイコーM」でパターンオーダー
お客がケース、ダイヤル、ベルトの組み合わせが選べる「パターンオーダー」を伊勢丹新宿店の時計売り場で始めた。24日までの期間限定で、セイコーとしても初の試み。文字板は黒、赤、白の3種、ケースはブラウンダイヤ2個とダイヤ18個のほか、ダイヤ20個、ルビー2個、ダイヤ2個の4種から選べる。また、バンドはバイソン(牛革)、クロコダイル(ワニ革)、メタル、ウレタンから選べ、あわせて48通りの組み合わせから注文できる。また、「セイコーM」の数量限定モデルとして、松任谷由実が企画協力したモデル「TRUEBLUEEYE by YumiMatsutoya」を4月24日に発売。限定100本の販売。
http://www.business-i.jp/news/culture-page/news/200903070112a.nwc

「ユニクロ」のパーカの着こなし1千種類を写真で紹介した雑誌「TOKYO FASHION MAP with UNIQLO」発売
東京に住む老若男女1千人がモデルとなり、14種類、のべ132色のパーカを、それぞれのスタイルで紹介。
http://www.asahi.com/shopping/news/TKY200903060345.html

TBSホームページ内にジュニアアパレルサイト「T☆LOVE COLLECTION」オープン
女子小学生に大人気の「バナナチップス」「ロニィ」「ディアブル」「インナープレス」と4ブランドの春夏コーデを発表。さらに各ブランドと小学生のファッション誌「ニコ☆プチ」がコラボした、同サイト限定アイテムの予約販売を受け付けている。春休み中の3月29日には、赤坂の複合施設「赤坂サカス」で実施中の1周年大型イベント「花サカス」でファッションイベントも開催。「ニコ☆プチ」モデルによるファッションショーや2ショット撮影会、読者のランウェイウォーキング体験なども行われる。
http://www.zakzak.co.jp/gei/200902/g2009022720.html


2009年3月9日(月)
Tim Hamilton、レディスに進出
パリコレクションが行われている、パリのGalerie Hussenotで約2時間のプレゼンテーションを行い、初のレディスウェアを披露した。アメリカのデザイナー、ティム・ハミルトンは3年前にメンズ・ラインを開始し、CFDAアワードの新人賞ともいうべきスワロフスキー・アワードのメンズ部門に2007年と2008年の2年連続でノミネートされている。

マドンナ、PETAの2009年セレブ・ワースト・ドレッサーに
動物保護団体PETAによる投票でマドンナがセレブのワースト・ドレッサーに選ばれた。毛皮を着用し続けていることが理由。PETAは「1984年以来、誰も彼女のスタイルを真似していません」との声明を発表。他には、カニエ・ウエスト、ケイト・モス、Mary J Blige、エリザベス・ハーレー、マギー・ギレンホール、メアリー・ケイトとアシュレー・オルセンがリストされている。

ゴードン・ブラウン英首相、エスクァイア英国版のワースト・ドレッサーに
2位はロンドン市長のBoris Johnson。ゴードン・ブラウンはサヴィルローのティモシー・エベレストでスーツを仕立てているが、エスクァイアは「それはすべて無駄でした」とコメント。ボリス・ジョンソンに関しては「洞窟の幽霊」としている。一方、ベスト・ドレッサーはチャールズ皇太子。「彼は常に立派で、王位継承者として適切なスタイルを維持しています」。

2009-2010年秋冬パリコレクションロエベヴェロニク・ブランキーノ、ソフィア・ココサラッキ、コム・デ・ギャルソン、ジュンヤ・ワタナベ、ゴルチエ
Stuart Veversによる初のランウェイショーとなったロエベ(前回までは展示会形式だった)。イタリアの映画「Red Desert」にインスパイアされたコレクション。黒いレザーのスーツでスタート。レザーのトレンチ、ラペルがレザーのロングコート、レザーのミニスカート、裾に紋章と「Loewe Madrid」の刻印が入ったグレーのロングマフラー(毛布のように大きくてローブに見える)。ツイードのミニスカートスーツ、パフスリーブがレザーのドレス、ウエストをベルトで絞った半袖の砂時計型ワンピース。「私はそのアイコニックなステータスを愛しています。私はシグネチャーが好きです。また、私は、服への合理主義が好きです。このコレクションは私自身の創造的な美学とロエベの遺産を比較検討することだと思います」とVevers。最前列には建築家のピーター・マリーノ、ジャイルズ・ディーコン。

「Delvaux」のアーティスティック・ディレクターに起用されたため、ゲストの席にDelvauxのバッグが置かれていたヴェロニク・ブランキーノ。ショーにはブランキーノがデザインしたDelvauxのバッグが3つ登場した。ニットのボレロのロングカーディガン、ツイードのコート、テーラードスーツにベスト。

ギリシア生まれのSophia Kokosalakiがロンドンでデビューしてから10周年を記念したショー。レザーのベルト付きコートでスタート。レザーのチュールにトレンチ、ブルゾン。メタル刺しゅうやピークドショルダーのジャケット、ボレロ、シルクのジャージドレス。

「Wonderland」と題されたコム・デ・ギャルソン。モデルは皆、ヴェールをかぶりヘアスタイルはピンクかパープル、唇の横に唇のシール。毛布やヴェールのようなコート。ポケットやフラップ・ラペルが描かれたポンチョ。鳥のようなものが前面に描かれたアシメトリーなミリタリーコート、スペンサージャケット、市松模様のローブ、お腹に詰め物をしているような膨らんだチュール。「何事も見た通りのままではありません」と川久保玲。

クリノリン・シルエットのダウンコートで始まったジュンヤ・ワタナベ。黒い壁に黒いカーペット、黒い服。顔まで覆われたケープは突然、床まで落ちクリノリンシルエットへと変わる。フリルスカートにダウンのトップス、ダウンのケープにダウンのドレス。流れる曲はプッチーニの「蝶々夫人」と「トスカ」。「フェザーとヘアー。私はフェザーをカジュアルでなくしたかった」と渡辺淳弥。

招待状に黒の網タイツがつけられていたジャン・ポール・ゴルチエ。幕が開くと、そこはナイトクラブ。中央のソファで二人の男女が語り合っている中、ショーはスタート。足にベルトが巻きついたテーラードスーツ、アイマスクで目を隠しクロスネックラインにフレアスカートのココ・ロシャ、ミニトレンチに網タイツ、黒いレザーのベストに毛皮のコート、金のポンチョ・ケープ、シフォンやフィッシュネットのドレス。

「加賀毛針」の技法でイッセイ・ミヤケがアクセサリーを発売
加賀藩(石川県)ゆかりの伝統工芸「加賀毛針」の技法でイッセイミヤケがアクセサリーをつくり、売り出した。昨秋のパリコレで発表した作品をベースにしている。加賀毛針はアユ釣りに使われる、虫に似せた針。発売したのはイヤリングとネックレスで、南米のジャングルの虫をデザインした。
http://www.asahi.com/fashion/topics/OSK200903070002.html

日本きもの連盟、初の統一ブランド「男のきもの」を発売
男性用着物の普及を目指して、4月から盟する全国約1500店で、売り出す。伝統産地との商品開発で、大量生産によって「価格破壊」を実現し、1着を約10万円にした。和装業界では通常、呉服店が卸業者から少しずつ着物を仕入れて販売。国産絹を使った男性用は、安くても約50-60万円はするという。同連盟は3年前から、呉服店主や顧客らに男性用の着物への要望を聞き取っており、「高すぎると手が出ない」「どの世代も着られるものに」などの意見が寄せられた。こうした声をもとに、同連盟は、群青や黒、グレーなどの色を組み合わせた着物、羽織の6セットを用意した。京都府京丹後市の養蚕農家のほか、織物、染色や流通など9業者と連携して反物をまとめて生産し、仕立てることで、値段を1着10万円程度に抑えた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090308-OYT1T00075.htm

三越池袋店、閉店セール
閉店する5月6日に向けて3月17日から51日間にわたる閉店セールを開催する。セールを3つの期間に分け、全館で大規模なセールコーナーを設置し、1957年10月の開店以来51年間のご愛顧に応えるという。4月28日からは池袋三越の歩みを表した「オリジナルチャリティー切手シート」限定5100枚(価格1000円)を販売する。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903050028a.nwc

北海道で、高島屋と伊勢丹の「因縁の対決」
経営破綻した北海道の老舗百貨店、丸井今井のスポンサーの座をめぐり、提携関係にある伊勢丹を差し置いて高島屋が名乗りを上げた。両社はかつて「新宿戦争」を繰り広げ、業界再編でも角を突き合わせてきた。しかもトップ同士が慶応大学の同期生という関係にある。高島屋にとって札幌は空白地帯。老舗の看板はのどから手が出るほどほしい。伊勢丹は丸井今井に対して、得意のファッションの投入や食品売り場の改装などで支援してきたが、売り上げは回復せず、破綻を回避できなかった。地元でも「一度失敗した伊勢丹より高島屋の方がいい」との声が出ているという。不利を承知で高島屋が名乗りを上げた理由について、業界では「伊勢丹に対する強烈なライバル意識」(関係者)と指摘する声が多い。高島屋新宿店は伊勢丹の本店どころか、小田急、京王百貨店の後じんも拝している。新宿店は、業界では「伊勢丹の影響力で、有力なテナントや取引先を取り込めなかったことが敗因の一つ」(同)との声があり、高島屋の恨みは深い。「高島屋が伊勢丹の主導する共同仕入れ機構のメンバーである松屋に関心を示している」、業界ではこんな観測も飛び交う。
そういえば、高島屋は銀座にも店舗がないんですよね(提携の有楽町阪急が近くにあるけど)。松屋を狙っているというのは結構、ありかもしれないです。松屋と伊勢丹の提携は銀座三越のせいでちょっと不透明ですし。銀座地域一番店は欲しいでしょうし。
http://www.business-i.jp/news/flash-page/news/200903070125a.nwc

イオン、夏季用の機能性肌着「クーリッシュファクト」を10日から販売
汗の吸収やひんやり感をもたらす機能を持ち、昨年は紳士物の肌着を中心に62万枚を販売。今年は紳士物の靴下や婦人物にも商品を拡充し、取り扱い店舗数も1.8倍に拡大。昨年の4倍となる250万枚の販売を目指す。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903060085a.nwc

体臭を抑える男性向け制汗剤が人気
化粧品販売が落ち込む中でも、女性に不快感を持たれなたくないという男性心理からか不況知らずで、各社は強気の商品展開を進めている。男性用化粧品ブランド「ギャツビー」を展開するマンダムは、持ち運びに便利な小型のスプレー型制汗剤を発売した。同社の従来品に比べて高さを5センチ低い14センチにし、学校や職場などの外出先で汗をかいた場合に、手軽に使えるようにした。2種類の殺菌成分を配合することで、においの原因になる細菌の繁殖を抑える効果も高い。資生堂は女性と同じように香りを楽しみたい男性の増加に合わせ、男性用化粧品ブランド「ウーノ」のスプレー型制汗剤で、バラの香りを追加した。一方、ニベア花王は、男性の間で制汗剤に肌を冷やす効果を求める声が強いことに着目し、同社の制汗剤シリーズ「エイトフォーメン」にひんやりとした使い心地の新製品「クールジェット」を追加した。ニベア花王によると、12歳から49歳の男性を対象にした調査で、制汗剤の使用率は2004年の31%から、2008年には45%にまで上昇した。また、マンダムによると、男性向け制汗剤の市場規模は、2004年の約45億円から、2008年には71億円に拡大する見込み。30代以降の男性の間でも使用者が増えていることが市場規模の拡大につながっているという。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903050066a.nwc


2009年3月8日(日)
ドルチェ&ガッバーナ、メーキャップ・ラインを開始
マリリン・モンローをイメージしたスカーレット・ヨハンセンをキャンペーンモデルにメーキャップ・ラインを開始。「私たちは、ドルチェ&ガッバーナのメーキャップを何年も夢見ていました」とステファノ・ガッバーナ。彼らのショーを10年間手がけていたメイクアップ・アーティスト、Pat McGrathの手助けを得たものの、二人はラインの製作すべてのステップにおいて自ら担当していたと明言。アイシャドーは「Guilty」「Elegance」、口紅は「Drama」「Devil」と名づけられ、価格は21-49ユーロ。メーキャップ・ラインはミラノのLa Rinascente、ロンドンのセルフリッジズ、ニューヨークのサックスのような「限定された高級デパート」のみで販売される。

2009-2010年秋冬パリコレクションディオール、ランバン、イッセイ・ミヤケヴィヴィアン・ウエストウッドマルタン・マルジェラヨウジ・ヤマモト
プログラムに「ペルシャのミニチュアとオリエンタルの豊富な退廃」と書かれたジョン・ガリアーノのクリスチャン・ディオール。シルクロードをイメージ。毛皮のコート、バルーンスカート、ぺプラムジャケット、毛皮や三角の帽子、プリーツで提灯のようなドレス、シースルーでペルシャ風やエンパイアラインのドレス。最前列にはシャーリーズ・セロン、エヴァ・グリーン、ミラ・ジョボビッチ。

細いベルトに片方の肩に生地が束ねられた黒いドレスで始まったアルベール・エルバスのランバン。エルバス自身が「新クラシック」と呼ぶコレクション。黒のミニスカートスーツに筒を連ねたような大ぶりのネックレス、ジップアップのぺプラムジャケット、ドレープが美しいチュニック、毛皮のショール、バイアスカット、ベルベットのノースリーブドレス。フィナーレではモデルたちが一列ではなく集団となって登場。「人々は、デザイナーを楽観主義者と悲観論者へと分けようとします。しかし、私は、リアリストです。私は、女性がドレス、スーツ、ブラウス、コートで何を必要とするか考えていました。人生はパーティーとランチだけではありません。私はパワフルな女性を望みません。私は強い女性が好きです。もし、彼らが100万ドルを持っていると言うなら、それはパワフルです。彼らが美しいと言う場合、それは強いということです」とエルバス。最前列にはクリスティン・スコット・トーマス、ビアンカとジェイド・ジャガー。

藤原大のイッセイ・ミヤケは空手にインスパイアされたコレクション。実際に諸岡奈央ら空手家が体の動きを妨げない複雑にカッティングされたスーツを着て空手の演武を披露。同様のカッティングはドレス、ジャケット、パンツにも使用される。スタンドカラーのゆったりとしたスーツ、ハーレムパンツ、真っ赤なコクーンコートにドレスなども登場。

キャンペーンモデルでもあるパメラ・アンダーソンがモデルとして登場したヴィヴィアン・ウエストウッド。地球温暖化を警告するためにウエストウッドが「プラス5度」と呼んだコレクション。腰やヒップから羽根が生えているピンクのドレスのパメラ・アンダーソン、ローブを巻きつけたようなドレスにコート、ストライプのトップス、胸に「プラス5度」とプリントされたTシャツのパメラ、オーブがプリントされたタイツ、ニットドレス、ヒップから鳥の尾羽が生えているようなドレス。

ほとんどのモデルが全身をストッキング(ボディー・スーツ)で覆われていたマルタン・マルジェラ。ジャージのTシャツドレス、右肩だけが白のボディスに、右肩だけが尖り袖だけレザーのトップス、袖にスリットが入ったように腕だけ露出したコート、白のドットのシースルーのトップス。

黒のスーツで始まった山本耀司。アシメトリーなど黒のロングコートが多数登場。パンツはワイドなストレートで、ワンピースも同じシルエットを描く。大きな衿の白いピーコート、モデルの脚にはハートのシール。ラストには5人のモデルがそれぞれ異なる赤いコートで手をつないで現れ、サークルを作る。サルバトーレ・フェラガモとのコラボによる赤いフラットシューズやアンクルブーツも登場。フェラガモの靴は「完璧にフィット」するために耀司の母親はいつもフェラガモをはいていたという。

オンワード樫山、「23区」「自由区」のCMを全国で放映
「23区」に菅野美穂、「自由区」に中山美穂を引き続きイメージキャラクターに起用して、3月7日から両ブランドのテレビCMを全国主要都市で放映。今春夏広告キャンペーンは「23区」ではモヤモヤした時代の気分も脱ぎ捨てて変化していこうという思いを込めて、キャンペーン名も「着がえよう。」へ進化させたキャンペーンを実施。テレビCMでは、一歩前へ進んでいこうとする女性を応援するメッセージを、菅野による「シアワセへの誓い」という方法で表現。音楽は引き続き、「RIP SLYME(リップ スライム)」が担当。「自由区」ではさまざまな経験を 積み重ねてきたからこそ、自由に、自分らしく、鮮やかに生きる現代の女性を代表して中山が「自由宣言」を行う。
http://www.onward-hd.co.jp/release/2009/0305.html

ワールド、「クラップコート」1号店を松坂屋名古屋店に出店
20-30代の男女を対象に、ゴルフスタイルを軸にしたスポーツカジュアルを提案する「クラップコート」の1号店を3月1日、松坂屋名古屋店南館5階に出店。今秋に向けて、さらに2店舗の出店を予定。「クラップコート」は「アンタイトル」「クードシャンス」「タケオキクチ」のテイストを取り入れた新しいスポーツブランドと、「クラップコート」のオリジナルブランド「ティアスマイル」で構成するストア。各ブランドの世界観に、スポーツウエアの機能性を加味した商品構成で、百貨店、ファッションビルに向けて新しい売り場の創造と、スポーツスタイルを求める新世代に向けて提案する。
http://www.world.co.jp/news/brand/2009/0303.html

デサント、サッカーブランドの「アンブロ」から13色をそろえたインナーウエアを発売
従来スポーツ用のインナーは白や黒など目立たない色が多かったが、おしゃれとして競技ユニホームの下から一部をあえて見せる選手などが増えていることから開発した。サッカー以外の競技者の需要も見込む。赤、青、緑、紫など多彩な色をそろえた。吸汗性や速乾性などの機能は従来製品と同等。大人用の長袖、ノースリーブ、ひざ上までのスパッツがあり、価格は3465-4515円。それぞれの子供用サイズは3045-4095円。チーム単位での購入などを想定しており、発売後半年で300チームでの採用を目指す。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT3K0601B%2006032009&g=S1&d=20090306

偽ブランド品などの輸入差し止め件数、過去最高を更新
財務省が発表した2008年の税関による偽ブランド品など、特許権や著作権を侵害しているために輸入を差し止められた件数が、過去最高を更新した。インターネットを通じて注文するなど、国際郵便を悪用した小口の取引が大半で、中国からの輸入が全体の8割を占めた。全国の税関が輸入を差し止めたのは2007年から16.6%増の2万6415件で、件数では8年連続で過去最高を更新した。81.5%にあたる2万1529件が中国からだった。商品別で最も多かったのはバッグ類(全体の60.6%)。初めて「エルメス」のバッグの模倣品を差し止めた。
http://www.asahi.com/shopping/news/TKY200903060352.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090307-OYT1T00128.htm

愛用品を修理
愛用品を長く使うには、適度に休ませて、こまめに手入れをすることが大切。例えば、革靴の場合、お気に入りでも、毎日履かずに2日程度休ませる。履いた後はそのまま玄関に置いて自然に湿気を取り除く。翌朝、別の靴を取り出す際に、簡単にホコリを払うなど、1分弱でできる手入れをするだけで長持ちするという。靴でもカバンでも洋服でも、すり切れたり、穴が開いたりして修理の必要に気づいたら、すぐに修理店に持ち込む。タンスや押し入れなどにしまい込んで、結局、使わなくなることが多いからだ。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20090307ok01.htm

「シャツジャケット」人気
シャツ生地で作られたジャケットは通常のウールのジャケットより軽量感があり、シャツ感覚で軽く羽織れるのが受けている。
http://www.business-i.jp/news/culture-page/news/200903070006a.nwc

「東京ガールズコレクション(TGC)」、代々木の国立代々木競技場第一体育館で開催
8回目の今回は、米ロサンゼルスの「キットソン」や「ビームス」など計26ブランドが参加。タレントのマリエや梨花ら計70人がショーに出演したほか、音楽ライブには歌手の倖田來未らが登場した。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090307/trd0903071813011-n1.htm


2009年3月7日(土)
トラサルディ1911、ミラノに旗艦店オープン
ミラノのVia Sant'Andreaにバッグやアイウェアなどのレディス・ブティックをオープン。トラサルディは1911年、グローブ・メーカーとしてDante Trussardiが創業。70年代に孫のNicola Trussardiがトレードマークのグレイハウンドのロゴを導入し、レザーグッズやアクセサリーを含むライフスタオルブランドへと発展させた。80年代にはプレタポルテへも進出したが、現在、メンズ・レディス双方でリニューアルを進めており、新クリエイティブディレクターのMilan Vukmirovicは1月にメンズのプレタポルテをバイヤーに披露。レディスのコレクションは2009年9月に正式に開始される。トラサルディのレザーグッズはバーニーズ・ニューヨーク、Ron Herman、Jeffrey New Yorkでも発売する。

2009-2010年秋冬パリコレクションバレンシアガ、バルマン、ニナ・リッチ、リック・オーウェンス、コシノ・ヒロコ
ドレープが美しいミニスカートのLiya Kebedeで始まったニコラ・ゲスキエールのバレンシアガ。腰にリボンベルトを留めたテーラードスーツ、インドのサリーを思わせるスーツ、ビッグショルダーのジャケット、黒いベルベットやサテンのドレス。足首にスカーフを巻いたシューズ、水玉のストッキングがアクセント。最前列にはフランソワ・アンリ・ピノーとサルマ・ハエック、カトリーヌ・ドヌーブ、シャーロット・ゲンズブール。

かつてジャンニ・ヴェルサーチがクチュールショーを行ったリッツ・ホテルのスイミング・プールで披露されたChristophe Decarninのバルマン。80年代ディスコを思わせるセクシーなコレクション。流れる曲はドナ・サマーにサタデー・ナイト・フィーバー。パコダショルダーのジャケットでスタート。レザーのワンショルダーミニドレス、ビッグショルダーのレザーブルゾンにスキニーデニムのナターシャ・ポリー。ビッグショルダーのショールカラージャケットにハーレムパンツのラクエル・ジマーマン。マイクロミニのワンピース、タイトなミニスカート、黒のサテン、レース、チュール。ジッップアップのスパンコール・ミニ。
80年代のイメージが続いている中、どうせやるならこれぐらいやってほしいものです。

「真夜中のマジック」にインスピレーションを得たオリヴィエ・ティスケンスのニナ・リッチ。モデルはティム・バートンのキャラクターのようなメイクで、かかとのない20センチはある超厚底シューズを履き、つま先立ちのようにゆっくり歩く。ビッグショルダーのトップス、ラペルと袖だけがレザーのブルゾン、襟を立てたスーツ、ツイードのブルゾン、ミリタリーコートにミニスカート、ジップアップのベスト、ピンクのドレス、肩をとがらせた砂時計型シルエット、渦巻くようなぺプラムドレス。最前列にはミラ・ジョボビッチ。「私は、モデルが実際に高く見えることを望みます。その結果、それはシルエットを強調します」とティスケンス。ニナ・リッチから去るという噂に関して聞かれたティスケンスは「私は去ろうとはしていません。私は既に次のコレクションに取り組んでいます」と笑いながら答えた。

「ヴァリエーション」をテーマにしたリック・オーウェンス。最初の8つはすべて黒で、斜めにジップアップされたトップスにキルト、レザーのスカートにブルゾン。急に色は白に変わり、ノースリーブのワンピースや折り紙型シルエット、ラップアラウンドのコートが登場。「それは日暮れに始まり、やがて白鳥になりました」とオーウェンス。

15年ぶりにパリコレに復帰したコシノ・ヒロコ。「着物と、東と西の結婚」のインスパイアされたコレクション。バイオリンのソナタが流れる中、帯ベルトや着物スリーブのドレスを披露。

スミテックス・インターナショナル、「ニッキー・ヒルトンicon」を日本で展開
住友商事の子会社であるスミテックス・インターナショナルは、ニッキー・ヒルトンが展開する新ブランド「NICKYHILTON」の日本におけるライセンス契約を締結。新ブランド「NICKYHILTON」の洋服やアクセサリーを10日から発売する。仕事もプライベートも大切にするモダンなF1世代(20-30才代前半の女性)をメインターゲットにニッキー・ヒルトン自身のライフスタイルを通じ、アパレル・バッグ・アクセサリーなどを提案。ニッキー・ヒルトンは、今までにアメリカ、イギリスで販売しているCHICK by Nicky HiltonやNICHOLAIなどのデザインを手がけてきたが、今回のデザインは2つのブランドとは違うコンセプトを取り入れる予定。ニッキー・ヒルトン本人も「世界的にもチャーミングでファッショナブルといわれる日本の若い女性に向けて、新しいライフスタイルやテイストを新たに提案したい」とコメント。3月10日には、ジュピターショップチャンネルのTV通販番組にニッキー・ヒルトンが生出演する。
http://www.zakzak.co.jp/gei/200903/g2009030626_all.html
http://www.stx.co.jp/news/20090305.pdf
http://www.sumitomocorp.co.jp/topics/2009/20090306_130324.html
http://www.shopch.jp/sp/nickyhilton.html

「プリーツ・プリーズ・イッセイ・ミヤケ」から、宝石をプリントしたバッグ発売
綿素材で、クリスタルガラスをあしらったコサージュも付いている。マルチカラーとモノトーンの2種類。「プリーツ・プリーズ・イッセイ・ミヤケ・六本木店」と「エルトブテップ・イッセイ・ミヤケ」で販売。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fashion/20090306ok0b.htm

給付金ビジネス
西武百貨店とそごうは全国の28店で3月28日から4月5日まで、紳士靴や婦人服などの1万円均一セールを展開。寝具やインテリア用品を入れた「新生活パック」などの福袋も販売する。高島屋も3月末をめどに衣料品セールを検討中。
http://www.asahi.com/business/update/0307/TKY200903060357_01.html

ハードロックカフェ、ハローキティとコラボ
ロックをテーマにしたレストラン「ハードロックカフェ」を国内で展開するWDIは、サンリオとライセンス契約し、ハードロックカフェとサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」のコラボレーション商品をレストラン併設のグッズショップ8店舗で4月から販売する。今回販売するのはTシャツやピンバッジ、トートバッグ、キーチェーンなど13点。ピンバッジは9月まで毎月1点ずつ新商品を発売する。
http://www.business-i.jp/news/culture-page/news/200903070034a.nwc

トリンプ、男性向けの補整インナー「ロングガードル」の新作を発売
フランス生まれのメンズアンダーウェア・ブランド「HOM(オム)」から、男性向けの補整インナー「ロングガードル」の新作を3月12日より全国の「HOM(オム)」取扱店で発売。第7弾は、第6弾で好評だった「HOM(オム)」独自の水平に開く窓「カンガルーポケット」を、ヒップアップタイプのガードルにも採用。
http://www.triumphjapan.com/release/product/20090305.html

帝人ファイバー、AOKIと環境に優しく快適な衣料「コンポテックエコ」を展開
帝人ファイバーは、AOKIと、環境に優しく快適な衣料の共同企画「コンポテックエコ(COMPOTEC ECO)」を2009年春物から展開開始。この企画は、帝人ファイバーのリサイクルポリエステル繊維をベースに、さらに快適機能性を付与した素材を使用し、AOKIが製品化するもの。今春夏シーズンは、スーツ、ワイシャツ、スラックス、カットソーの展開を予定しており、3月7日にメンズスーツを発売、他のアイテムもAOKI全店(一部限定店舗での展開商品あり)にて順次発売。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=214315&lindID=4

「宮染め」、東京コレクションに参加
宇都宮市で江戸時代末期から続く染め物「宮染め」が、東京都内で23日から開かれるファッションショー「東京コレクション・ウィーク」で、ワンピースなどの洋服の生地に使われることになった。宮染めを使うのは、都内で活動し、今回がウィーク初出場の女性デザイナー荒井沙羅。伝統を未来に残すという思いを込めて「時」をテーマに、家紋などに使われる角字と呼ばれる複雑な書体で「秒」や「今」などの字を染め付けた生地を使う。荒井さんは2007年秋、「これで洋服を作ってほしい」と顧客から宮染めの生地を渡され、肌触りの優しさと温かい風合いにひかれた。染色作業に興味を持ち、宇都宮市錦の「中川染工場」を訪ねた際、後継者不足で技の伝承が難しくなっていることを聞き、「ぜひ宮染めの洋服を作って発表したい」と考えるようになったという。ウィークへの参加が決まると、迷わず宮染めを使うことを決め、伝統にこだわって角字の宮染めを同工場に注文した。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090306-OYT1T00094.htm


2009年3月6日(金)
マドンナ、Ed Hardyとコラボ
マドンナはEd HardyのためにタトゥにインスパイアされたTシャツや模造ダイヤに覆われたボディスを含む特別コレクションをデザイン。デイリーミラーによるとマドンナはこの契約で6ケタ(ポンド)の金額を提示されたという。Ed Hardyのデザイナー、Christian Audigierはマイケル・ジャクソンの次のツアーの衣装も手がけるとされている。

2009-2010年秋冬パリコレクション、クリス・ヴァン・アッシュ、Gareth Pugh、Rue du Mail、アン・ヴァレリー・アッシュ
「モロッコ・ペルー・アフリカなど、世界の砂漠」をテーマにしたクリス・ヴァン・アッシュ。砂漠の遊牧民を思わせるハイネックのカフタンでスタート。黒や白のジャンプスーツ、バルーンカットのパンツ、ノースリーブのニットドレス、ボタンがないトレンチコートにブレザー、スペンサージャケット、柔道着のようなドレスに帯ベルト。「キャットウォーク上でだけでなく、いろいろなシチュエーションで感じたものを表現したかったのです」とアッシュ。

ドライアイスが充満した中、Ruth Hogbenが監督した映像でコレクションを披露したGareth Pugh。モデルはNatasa Vojnovicのみ。黒いシルエットで、蝶のように羽ばたくロングコート。右横・前・左横と3人分の映像が同時に映し出されたドレス。風に揺れるジャケット。袴をはいて空手のアクション。エアで膨らんだコート。首でカットされ、反対側に回転する映像、とげ付きのジャケットにロボットのようなアクション。揺れるロングのポニーテール。空中に浮かんで、水に溶けだす墨絵のような映像にかぶさるロングドレス。「これは宇宙船からのものではありません。それはグラウンドの上にあります。私は、地球を感じてほしかった」とPugh。
「私を月まで連れてって」という漫画の中に宇宙ステーションの中で無重力下で美しく見えるファッションショーを行うシーンがあるんですが、それをちょっと思い出しました。

フード付きのカフタンのようなドレスで始まったMartine SitbonのRue du Mail。フライフロントのテールコート、ボレロ、コクーンコートにレザーのバルーンスカート、 銀のショートパンツ、ぺプラムジャケット。

2つボタンのテーラードスーツで始まったAnne Valerie Hash。黒の刺しゅうのワンピース、毛足の長いコート、ビッグサイズの一つボタン・テーラードコート、マフ・ポケット付きのピーコート、ビッグショルダーのセーター、ラペル付きのジャンプスーツ、レザーのビスチェ、レイヤードやワンショルダーのドレス。「私たちはみな非常に緊張しています。リラックスする必要があります」とアッシュ。

3.1フィリップ リム、百貨店3店で各店限定のドレスを販売
松屋銀座では、リボンベルトが特徴のシフォンドレス、伊勢丹新宿店ではシルバーの短い丈のワンピース、名古屋市のジェイアール名古屋高島屋では、絹の光沢が美しい黒いドレスをそれぞれ販売。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fashion/20090306ok0c.htm

ミュウミュウ、2009年春夏コレクションのポートレートを青山店でも展示
2009年春夏コレクションでは、過去の広告ビジュアルをストリート調のグラフィックにアレンジしたポートレートを会場一面に展示。ショーの終了後、ニューヨークとパリの路面店で展示されたそのポートレートが、ミュウミュウ青山店をポートレートギャラリーとして一般公開。
http://www.elle.co.jp/fashion/news/miumiu09_0303

ギャップ(GAP)、銀座の数寄屋橋交差点前で建設中の「ヒューリック数寄屋橋ビル(仮称)」に出店
同ビルには「ルイ・ヴィトン」を販売するLVJグループが出店予定だったが、消費不振で断念していた。同ビルは地上12階、地下4階で2011年2月に完成、ギャップは1-4階に入居する。売り場面積は国内最大級の2062平方メートルで、ベビーから大人までの衣料品を販売。日本ではまだ売り出していない室内着やパジャマなども扱う。ギャップは2009年11月原宿にも売り場面積1924平方メートルの大型店を開業する。
http://mainichi.jp/life/fashion/news/20090306ddm008020078000c.html
http://www.zakzak.co.jp/top/200903/t2009030530_all.html
http://www.asahi.com/business/update/0304/TKY200903040258.html

日本橋高島屋、1枚1000万円のCDを販売
プラチナ製のケースに収容され、ケースの表面には合計2カラットのダイヤモンド10個がちりばめられている。このCDは、女性シンガーのヒット曲を集めたWOMANシリーズ第10弾の「WOMANスイートテン・ダイヤモンド」。同シリーズ10作目の記念版として、発売元のユニバーサルミュージックが宝飾品のナガホリと共同製作した。両社は世界最高額のCDとしてギネスに記録を申請している。日本橋高島屋では10日まで6階の宝飾品売り場で展示する。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090304/biz0903041715008-n1.htm

トリンプ、ホワイトデーに関するアンケートを発表、「下着を贈られたら嬉しい有名人」は福山雅治
「ホワイトデーに下着を贈られたら嬉しい男性タレントは?」で1位に輝いたのは、昨年2位の福山雅治。2位は昨年1位の木村拓哉。水嶋ヒロが3位に、沢村一樹が4位に初登場。
http://www.triumphjapan.com/release/enquete/20090304.html

アディダスが増益、プーマは減益
2008年12月決算の最終利益は、アディダスが前年同期比16.4%増の6億4200万ユーロ、プーマが13.5%減の2億3200万ユーロと明暗が分かれた。売上高は北京五輪などの大型イベントでともに増収となったが米国事業はそろって苦戦。プーマは販売促進費の増加を吸収しきれなかった。アディダスの売上高は4.9%増の107億9900万ユーロ。主力の「アディダス」ブランド製品が10%増収と好調。北米事業拡大のため2006年に買収した「リーボック」ブランドは、米国の消費不振で7.9%減だった。プーマの売上高は6.4%増の25億2400万ユーロ。北京五輪やサッカー欧州選手権を機に、多額の販売促進費を投じたため2ケタ減益となった。米国事業が4.1%減収となったのも響いた。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M0402G%2004032009&g=G1&d=20090304

ファーストリテイリング、子会社キャビンの出店を本格的に再開
6日開業の自由が丘の主力店を手始めに、主力2ブランドをファッションビルなどに約20店出し、8月末の店舗数を前年同期比1割増の210店強にする。キャビンは2008年8月期に営業黒字に転換しており、出店はフランス風カジュアル服の「アンラシーネ」と、洗練された女性向けをうたう「ザジ」の2主力ブランドに集中。他の既存3ブランドは都心部などの有力店への入居に絞り、それ以外は主力2ブランドに切り替える。アンラシーネは新店と業態転換で96店に、ザジは73店へとほぼ倍増する。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2F0402I%2004032009&g=S1&d=20090305

楽天、ロエベの2009年春夏新作入荷
ナッパアイレや新モデルも入荷。
http://www.rakuten.co.jp/chgardens/620391/620392/


2009年3月5日(木)
Y-3、2009年春夏コレクションのキャンペーン短編映画を公開
Darren Lewが監督した短編映画は監視カメラが捉えたような映像でY-3を着た男女2人が主演。Y-3のエレガンスとカジュアルなスポーツウェア・スタイルを表現している。

マルタン・マルジェラ留任
マルタン・マルジェラが辞任しているという噂が続いていることに関して、マルジェラの最高経営責任者Giovanni Pungettiは「彼は毎日、8時間ここにいるわけではありませんが、彼はまだその職にいます」とコメント。ただし、2009-2010年秋冬コレクションにマルジェラが立ち会うかどうかについては「私は知りません。彼は時々いますが、いない時もあります」と述べた。マルジェラの2008年の売上は21パーセントの増加を記録。2010年にはロレアルとの提携による初のフレグランスとホームウェア、家具が発売される。

2009-2010年秋冬ミラノ・コレクションディースクエアードフェンディ、マックス・マーラ、ポリーニ、ヴェルサーチドルチェ&ガッバーナ、ロベルト・カバリ
「スーパースターは朝遅くに、スターバックスに行く」と名づけられたディースクエアード。黒のノースリーブワンピースに腰にシャツを巻き、サングラスに帽子、手にはスタバのカップを持ったFreja Beha Erichsenでスタート。ドレスにレザーブルゾン、チェックのマフラー(朝までパーティで過ごした後、スタバによって家に帰るというイメージ)。カーゴパンツにミニトレンチ、ロングマフラー。デニムにヒョウ柄のミニスカート、毛皮のベスト、チェックのミニワンピース。ほとんどのモデルがスタバのカップや新聞、たばこなどを持ち、Jourdan Dunnは手に持ったブラックベリーをチェック。ディーンとダンはベストに蝶ネクタイ、デニムで登場。

肩に羊毛がつけられたコートにハイヒールとブーツをミックスさせたようなシューズでスタートしたフェンディ。肩だけレザーのインパネス、レザーのコートにケープ、レザーのコルセット、ベルベット・ドレス。「衣服がシックで実用的であるために、私はフレキシビリティを望みました」とカール・ラガーフェルド。

キャメルのテーラードコートのサーシャでスタートしたマックス・マーラ。キャメルのカーディガンにタイトスカート、ノースリーブのワンピースにコート、赤いトレンチ、肩章付きのカラーレスコート、ハイネックのロングコートにニットのローブコート、レザースーツ、毛皮のコート。ブランドの根幹ともいうべきコートが様々な素材、色で登場。

ジョナサン・サーンダーズによる2回目のコレクションとなったポリーニ。真ちゅうボタンが付いたミリタリー・コートで始まり、ベルト付きのモヘアコート、渦のプリントのワンピース、レザーブルゾン、ジップアップコート、黒いチュニック・ドレス。

ドナテッラ・ヴェルサーチが「パワフルで強くて確信している女性」のためのコレクションと呼んだヴェルサーチ。黒のベルト付きコートのリリー・ドナルドソンでスタート。ホルターネックやノースリーブのワンピース、毛皮のコート。Vゾーンを大きく開け、スリットが入ったセクシーなドレス。最前列にはAlexandre Plokhov、クリストファー・ケーン、アレッサンドロ・デラクワ。

サルバドーレ・ダリ、ジャン・コクトー、マン・レイにインスパイアされたドルチェ&ガッバーナ。黒のトレンチに手袋型のマフラーでスタート。水玉のワンピース、腰や頭に大きなリボン。マリリン・モンローの顔がプリントされたスカートにワンピース。肩が膨らんだチェックのワンピース、肩が盛り上がったヒョウ柄ドレスの岡本多緒、肩がギャザーで膨らんだタキシードのジェシカ・スタム。ラストはマリリン・モンローの顔がプリントされたクリノリン・ドレスのナターシャ・ポリー。頭にも帽子のように手袋をのせ、幾つもの時計がぶら下がったネックレス(この辺がダリっぽい)もポイント。最前列にはスカーレット・ヨハンソン、ケイト・ハドソン、ナオミ・ワッツ、エバ・メンデス、Caterina Murino、Freida Pinto、クローディア・シファー、ナジャ・アウマン、Eva Herzigova。

黒があふれていたロベルト・カバリ。黒のファーミニスカートにブーツ、リベットのトップス、黒のスキニーデニム、銀のスタッズのガーントレット、スエード・ドレス、アシメトリーなチェーンメールチュニック。「彼女はタフで、アグレッシブで、セクシーで、そして若い。彼女は、私がこの危機と戦うのを助けるつもりです」とカバリ。最前列にはエリザベス・ハーレー。

Stuart Veversの好きな場所
ロエベのクリエイティブディレクター、英紙で自分の隠れた好きな場所を公開。好きなホテルはスコットランドのArdanaiseig Hotelで、好きな本屋は東京のCow Books。好きなラウンジはロンドンのラウンジ・ボヘミア。

福井県発のアイウェアブランド「ボストンクラブ」の直営店「グロス ギンザ」が、3月6日銀座にオープン
福井県出身のデザイナー、大塚孝博が手がける店内は、和紙や漆器など、日本の伝統が活かされたモダンで落ち着いた雰囲気。「ジャポニズム」「ベセペセ」「ミュウゲ」といった、同ブランドすべてのコレクションがディズプレイされ、さらに、世界にただひとつのオリジナルオーダーメイドフレームも対応可能。グロスギンザ、東京都中央区銀座2-5-18銀座白井ビル1F・B1F、営業時間11:00-20:00、無休。
http://www.elle.co.jp/fashion/news/gloss09_0302

ワールド「インデックス」が玉山鉄二主演映画「カフーを待ちわびて」とコラボレーション
映画「カフーを待ちわびて」とのコラボグッズを販売。
http://www.world.co.jp/news/hotnews/2009/0227.html

雑誌愛読月間のイメージキャラクターに佐々木希
日本雑誌協会の今年の「雑誌愛読月間」(7月21日-8月20日)のイメージキャラクターにモデルで女優の佐々木希が選ばれた。
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200903020021.html

ウォルマート・ストアーズ、ウォルマート・ジャパン・ホールディングス(HD)を設立
100%子会社の西友を傘下に置く持ち株会社ウォルマート・ジャパン・ホールディングス(HD)を設立。同HDの代表には、エドワード・カレジェッスキー西友最高経営責任者が就任した。
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2009/03/03/20090303ddm008020051000c.html

2009-2010年秋冬ニューヨーク・コレクション総括、朝日版
遊牧民をテーマに、ダイアン・フォン・ファステンバーグは柄を重ねた暖かみのある装い。カルバン・クラインは表面がひびわれたり独特の光沢があったり、同色で質感の異なる布地をパズルのように組み合わせた。ダナ・キャランは上質の素材を用いて、美しいドレープが映えるシックなスタイル。ロダルテは、ニット、チュール、蛇皮、レザーなど一風変わった素材のコラージュで幻想的な服を生んだ。タクーンは、クラシックで少しひねったラインに、まるで南国の動物を思わせるような、色鮮やかな緑やオレンジ、黄に染めたファーを合わせた。アレキサンダー・ワンはボディーラインをあらわにしたセクシーな服。BGMにマイケル・ジャクソンの「スリラー」を選んだワンもまた、あえて80年代のパワフルなイメージを前面に打ち出した。
http://www.asahi.com/fashion/beauty/TKY200902270268.html

化粧品大手各社が相次いでロシア、東欧市場の開拓を強化
ポーラが日本円で1万5000-7万円の高級化粧品「B・A」の販売網をロシアで拡大するほか、カネボウ化粧品もチェコやハンガリーなどに本格進出する方針を固めた。ロシア、東欧の化粧品市場が今後も成長すると見込まれるうえに、高品質な日本製品への評価が高まってきたことが背景にある。ロシア、東欧でもブランド力の高い欧米メーカーが販売で先行し、高いシェアを誇るが、スキンケア製品を中心に日本製品に対する評価がここへきて急速に高まっているという。他社に先駆け、2007年11月にロシアに現地法人を設立したポーラは、販売拡大策として百貨店に加え、ロシア2位の化粧品専門店チェーン「イル・ド・ボーテ」の2店舗でも販売を開始。さらに、同チェーンの3店舗でも近く販売を始める計画。ロシア、東欧に加えルーマニア、ブルガリアなどにもすでに進出済みの資生堂は、2008年1月にロシアに現地法人を設立し、直接投資に切り替えた。都市部の富裕層に重点を置いた販売戦略が奏功し、販売実績は2けた増の勢いを保っている。
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200903030019a.nwc


2009年3月4日(水)
レベッカ・テイラー、靴とジュエリーラインを開始
シューズではPeter Marcus GroupとジュエリーではMJJ Brilliantとライセンス契約を締結。両方のコレクションとも、ヨーロッパのフリーマーケットと旅行者、テイラーのプレタポルテからインスピレーションを受け、レザーブーツやサンダルなどのシューズは300-400ドル。ジュエリーは150-500ドルで展開される。

2009-2010年秋冬ミラノ・コレクションプラダマルニフェラガモ、アントニオ・マラス、プリングルエトロ
「強くてフェミニンな女性が着るアウトドア服」にインスパイアされたプラダ。ツイードのベルト付きコートでスタート。Vゾーンを大きくあけたツイードのノースリーブワンピース、スカートがなく足の付け根まである超ロングブーツ。赤いベルベットのトップス、レザーのスカートスーツ、カーディガン、スリット入りのコート、レザーのトレンチ、フリンジのようにレザーの束が垂れ下がったドレス。「私は、都市に関しては何もしたくありませんでした。それは、スポーツや自然、アウトドアに関係しています。しかし、結局、私は、コートとスーツが好きであることを理解しました。それはある意味ではシリアスで、女性の権利拡大の必要性に関係していました。それは、ナイトクラブの死に関係しています。そして衣服が強く頑丈になることで、田舎の別荘に対する新しい望みが生まれています」とミウッチャ・プラダ。最前列にはラフ・シモンズ。
他が80年代のリバイバル、80年代ディスコに向かう中で、あえてプラダはアウトドアを提案してきました。やはり、プラダは他とは違います。

ミンクのイアーマフ、毛皮のブルゾンで始まったConsuelo Castiglioniのマルニ。カラータイツにミニスカート、ツイードのケープ、毛皮のコートに手袋、刺しゅうのニット、ブロケードのドレス。

ハイネックでコンシャスな赤いワンピースで始まったCristina Ortizのサルバトーレ・フェラガモ。袖が斜めにカットされたコート、ビルトアップ・ショルダーのケーブルニットセーター、ミリタリーコート、ロングカーディガン、ベルスリーブにペンシルスカート。指を露出した手袋がアクセント。
Cristina Ortizの3度目のコレクションですが、最初のころは何をやりたいのかよくわからなかったのですが、少しずつ良くなっている気がします。ドレープの美しいドレスなど、Ortizらしさが感じられましたが、まだそれでも個人的にはフェラガモの名前のほうが大きくて、個性が足りない気はしちゃいますが。

第2次大戦中のパリのピカソとピカソの絵画「Dora Maar」をイメージしたアントニオ・マラス。ベルト付きのミリタリージャケットにスカーフ、プリーツスカート、刺しゅうのドレス、カーディガンにティアードスカート、パッチワークのケープ、袖がレースのテーラード・ジャケット。フィナーレではランウェイ奥のドアが複数開き、モデルが現れる。

雪景色の風景が流れた後、カシミアのトレンチで始まったClare Waight Kellerのプリングル。テーラードジャケットにセータードレス、肩に毛皮をあしらったコート、オレンジのチュニック。ラストは羽根が無数につけられたトップスのサーシャ。

ビザンチンやオスマン帝国、アステカをイメージしたVeronica Etroのエトロ。羽毛カラーのコートにレザーのミニスカートで始まり、プリントのワンピース、金のミニ、ホルターネックのプリントドレス。

サンエー・インターナショナル、モデルの佐藤萌実を企画ディレクターに迎えた新ブランド「Lovefool」がデビュー
「London Meets TOKYO」がコンセプト。ロンドンをファッションベースに、マニッシュ・フェミニン・トラッド・ロックなど、遊び心を取り入れたテイストをプチプライスで展開。また、ブランドデビューを記念して、モデルの美香、SONOMIとコラボしたルームウェアも発売される。
http://www.sanei.net/news/lf/090303.php

レナウン、アーノルドパーマーでハローキティとのスペシャルコラボアイテムを発売
日本上陸40周年となるアーノルドパーマーから、ハローキティとのスペシャルコラボ企画が実現。モノトーンベースのポロシャツやハーフパンツを中心に、バッグやポーチなど約20型を展開。第1弾は3月20日から、第2弾は4月25日から発売開始予定。それぞれコラボを記念したオリジナルTシャツも販売。
http://www.renown.com/ap_world/arnie/news/fair/090223/index.html

ルック、SCAPA FAIR開催
スキャパ フェアを、3月4-15日まで全国のショップにて開催。
http://www.look-inc.jp/brand/scapa/fair.html

伊藤忠商事とアキレス、スポーツブランド「瞬足」でパートナーシップを締結
アキレスが2003年より発売を開始したジュニア向けスポーツシューズ「瞬足」は、トラック競技で力の掛かる足裏の左側に重点的にスパイクをつけた左右非対称のソールを採用することで、スピードが落ちやすいコーナーでも強く踏み込んで駆け抜けられるような構造を追求。発売2年後から飛躍的な売れ行きを見せ、運動会シーズンを中心に子供たちの間で評判が広まり、年を追うごとに販売足数が拡大している。2006年にはおしゃれでカラフルなデザインの女児用「瞬足レモンパイ」も発売された。今後、シューズだけにとどまらず、「瞬足」ブランドとして幅広く展開。伊藤忠をマスターライセンシーとして総合的なライセンスビジネスを展開する。伊藤忠は、「瞬足」ブランドについて、シューズを除く全てのアイテムに関するマスターライセンス権を取得し、未就学児から小学生の男児・女児をターゲットに、アウターウエア、インナーウエア、ナイトウエア、水着、ソックス、ハンカチーフ、タオル、帽子、自転車、文具、ランドセル、鞄、弁当箱、ゲームソフトなど多岐にわたるアイテムに取り組み、総合的なライセンスビジネスを構築する。
http://www.itochu.co.jp/main/news/2009/news_090303.html

ミキモト、春の新作として、マーガレット、フロックス、ナノハナをモチーフにした3種類のペンダントを発売
春を彩る花を七宝焼で作り、その淡い色合いを楽しめる。花の中央にはダイヤを、金のチェーンにはアコヤ真珠をあしらった優美なデザイン。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fashion/20090227ok05.htm

セブン&アイ・ホールディングス、連結業績予想を下方修正
2009年2月期を純利益が1月の予想より460億円減の910億円になると発表。傘下のそごう心斎橋本店のほかコンビニエンスストアやスーパーの閉店にかかる費用などで、400億円の特別損失を計上することが響いた。売上高は前回予想より1千億円減の5兆6600億円で、前年比では持ち株会社制に移行した2005年以降で初の減収となる。営業利益は、従来予想を125億円下回る2815億円の見込み。利益率の高い衣料品が苦戦するスーパー部門の不振が響いた。コンビニ部門は好調で、従来予想より40億円上方修正した。
http://www.asahi.com/business/update/0303/TKY200903030252.html

イトーヨーカ堂、「現金下取りセール」
4日から5日間、全国の165店舗で傘、やかん、ミキサーなどの住居用品と衣料品あわせて50品目を対象に「現金下取りセール」をおこなう。衣料品と住居用品を税込み3千円分買うごとに、不要な品を1点500円で下取りする。
http://www.asahi.com/business/update/0303/TKY200903030246.html

「白い肌が素敵だと思う有名人」は小雪
世界で初めてのUVケアブランドであるコパトーンは、「白い肌が素敵だと思う有名人」と「健康的な肌が素敵だと思う有名人」の調査を実施。白い肌」1位には小雪、2位に綾瀬はるか、3位には松雪泰子が選ばれた。健康的な肌」1位に村上里佳子、2位に安室奈美恵、3位には浅尾美和と藤原紀香。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090304/tnr0903040015000-n1.htm


2009年3月3日(火)
ディースクエアード、ブリトニー・スピアーズのツアー衣装をデザイン
ニューオーリンズで始まった「サーカス・ツアー」の衣装をディースクエアードがデザイン。「私たちはブリトニーのファンで、彼女と協力できる機会を待っていました。私たちは最初、サーカスの伝統的な考えから始めて、後にそれを放棄しました。私たちはもっと刺激的で不謹慎なものを作成したかったのです」とダンとディーン。

東京オペラシティでアントワープのデザイナーを紹介する展覧会「6+(シックス・プラス) アントワープ・ファッション」開催
4月11日から6月28日まで開催。ドリス・ヴァン・ノッテンらアントワープ6にマルタン・マルジェラを加え、アントワープのデザイナーを紹介。

2009-2010年秋冬ミラノ・コレクションボッテガ・ヴェネタプッチグッチ、モスキーノ、アイスバーグ
ミニマリズムを思わせる白のカシミア・ローブコートを着たToni Garrnでスタートしたトーマス・マイヤーのボッテガ・ヴェネタ。オフショルダーにノースリーブのワンピース。マイヤー自身が「封筒」と呼んだ長方形のシルエット。綾織、大きなラペルのトレンチのココ・ロシャ。布を巻きつけて肩で留めたようなワンピースのサーシャ。レザーのノースリーブやトレンチ。ベルベットのホルターネックドレス。プリーツが美しいコンシャスなドレス。「私たちは優雅でパーソナルな姿勢の服を作りたかったのです。フラットなシルエットはシンプルでシックです。一方で他のすべては3次元で、彫刻的でありダイヤのようにカットされます」とマイヤー。

ピーター・ダンダス(Peter Dundas)のデビューコレクションとなったエミリオ・プッチ。Palazzo SerbelloniのBraccoサロンで行われ、ミニのプリントワンピースに毛皮のコートでスタート。1957年に、プッチが発表したプリント「パリオ(Palio)」コレクションを基に、ダンダスの好きなパンクとロックンロールを融合。モコモコの毛皮のショートコートにロングブーツ、フラッシュや渦巻き、鷲のプリント。刺しゅうが施されたスリムなデニム、クリスタルを散りばめたチュニック。プッチの紋章が刺しゅうされたTシャツ。

ツイードのコートに大きなベルト、ロングブーツで始まったフリーダ・ジャンニーニのグッチ。サングラスにパンツスーツ、ストライプのシャツのボタンを開けたラクエル・ジマーマン。水玉プリント・ミニワンピースのナターシャ・ポリー。スペンサージャケットに細身のパンツ、レザーブルゾン、スパンコール、クリスタルで覆われたチュニックやホルターネック、Tシャツドレス。ジャンニーニはラスト、クリスタルで覆われたスモック姿で登場。80年代のグラムロックを思わせるコレクション。しかし、ジャンニーニは「私はコレクションを80年代とは思っていません。私はそれをコンテンポラリーであると見なします」とコメント。
個人的にはプリントいっぱいのよりかはよかったと思うんですが、グラムロックにも少々、飽きているんですよね。それが個性と言ってしまえば、それまでなんだけど。

プログラムに「隠すテクニック」と書かれたRossella Jardiniのモスキーノ。袖にバラが刺しゅうされたカラーレスのネイビー・コクーンコートでスタート。ミリタリージャケットにミニのプリーツスカート、バラのコサージュにパラがプリントされたドレス、バラのリボン、右側だけティアードのアシメトリードレス、千鳥のワンピース、テーラードコートとナイロンのスポーツコートが2重になり、片方に差し込まれたようなコート、何百もの安全ピンがつけられたレザーブルゾン。

プードルを思わせるような毛皮のトップスに帽子、バルーンスカートで始まったPaolo Geraniのアイスバーグ。レザーのミニ、ニットのチュニック、万華鏡のようなプリント、砂時計型シルエット。

イヴ・サン ローラン、新アクセサリーライン「Y-Bow(ボウ)」を発売
イニシャルの「Y」とブランドイメージの「ボウ(リボン)」を合わせたデザインのバッグ(19万9500円)や財布、ベルトなどを展開。発売記念として、全国のイヴ・サンローランブティックで10万円以上の購入者に携帯電話用ストラップをプレゼント(無くなり次第終了)。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fashion/20090227ok04.htm

大手百貨店5社の2月売上高(速報値)、前年同月比で12-15%減少
2008年はうるう年で、今年は営業日が1日少なかった分を考慮しても軒並み10%前後の大幅減。景気低迷による買い控えで、衣料品の販売不振が響いている。三越伊勢丹ホールディングス傘下の伊勢丹では、衣料品が中心の新宿本店で前年同月比14%減と全店合計(12.7%)を下回った。例年なら販売が本格化している春物の売れ行きが伸び悩んだ。高島屋は14.6%減。堅調に推移していた食料品もついに前年割れとなった。J・フロントリテイリングは傘下の大丸の売上高が15%減、松坂屋が15.5%減となった。三越は12.4%減。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT1D02089%2002032009&g=S1&d=20090302
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903030012a.nwc

J・フロントリテイリング、1万人に1万円分のお買い物券をプレゼントする抽選会
傘下の大丸、松坂屋で25-31日の期間、全店合計1万人に1万円分のお買い物券をプレゼントする抽選会を開催する。期間中に大丸、松坂屋のカードを利用し、1万円以上(税込み)買い物をするごとに1回抽選できる。江崎グリコと共同企画したお菓子のセットも抽選で当たり、外れた人もオリジナルのおもちゃ付きキャラメルがもれなくもらえる。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903030052a.nwc

ワールド、雑貨ストア「MAISON ROUGE(メゾン・ルージュ)」の出店を拡大
1号店のウィング高輪店(EAST1階・2008年9月オープン)の商品構成を軸に、3月6日、2号店をルミネ荻窪店(2階)に出店。さらに秋に向けて駅ビル、ファッションビルに出店を進める。商品構成は、バッグ、シューズ、スカーフ、アクセサリーを取りそろえるストアとして、店内をシーンを想定した3つのコンテンツブランドで構成。カジュアルからオンタイム、オケージョンまで、幅広いテイストを価格帯にも幅を持たせて展開。
http://www.world.co.jp/news/brand/2009/0225.html

アシックス、神戸・中央区の「アシックススポーツミュージアム」を5月30日に一般公開
スポーツをテーマとした企業博物館「ASICS SPORTS MUSEUM(アシックススポーツミュージアム)」を、神戸市中央区の本社ビルに隣接して設置。5月30日から一般向けに公開する。同ミュージアムはアシックス創業60周年の記念事業として進めているもので、同社の創業哲学である「健全なる身体に、健全なる精神があれかし」をコンセプトに、スポーツを通じた青少年育成による地域貢献や当社事業活動の理解促進、またスポーツ文化継承、スポーツ振興、スポーツ人口の増加を目的としている。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=214032&lindID=4

オリーブ・デ・オリーブのもくもく、民事再生法の適用を申請
少女向け服飾ブランド「OLIVE des OLIVE(オリーブ・デ・オリーブ)」で知られる婦人・子供服製造販売会社「もくもく」(京都市中京区)が京都地裁に民事再生法の適用を申請、保全命令を受けた。帝国データバンクによると、積極的に事業拡大を進めた結果、資金繰りが悪化した。負債総額は約161億円。現在の直営、フランチャイズの店舗は海外も含め計264店舗。2008年9月期の売上高は121億円だった。
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2009/02/28/20090228ddm008020006000c.html

カネボウ化粧品、植松正取締役執行役員が新社長に昇格
知識賢治社長は1日付で退任。景気低迷などで、これまで堅調だった化粧品販売も先行きが不透明なことから、経営陣の刷新で販売強化を図る。
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2009/03/03/20090303ddm008020052000c.html

文化学園服飾博物館で「おひなさまと装束・調度」展
3月14日まで開かれている。毛利家から幕末の兵学者・大村益次郎家に伝わった江戸時代末期の古今びなや、郷土玩具としてのひな人形などを展示。そのほか、実際に使用された束帯や十二ひとえ、化粧道具など調度品も紹介。一般500円。日曜休館。
http://www.asahi.com/fashion/article/TKY200902270273.html

バランタインのデザイナー、 ダビッド・ディ・フィルモのインタビュー
74年、イタリア生まれ。ボッテガ・ヴェネタ、プラダなどを経て、2008年から現職。「バランタインは英国のブランドですが、イタリアでも高品質なカシミヤニットとして知られ、特に伝統のアーガイル柄やインターシャと呼ばれるはめ込み模様の技法は評価が高い。イタリアで生まれ育った私が英国ブランドのデザイナーとして最も考えるのは、今という時代をどうとらえるかということ。そして物作りに大事なのはクオリティーとストーリーです。素材には比類ない色とコシがあり、熟練した職人がいて、スコットランドの風土に根ざしたアーカイブがある。発色の良さは川の水の良さが決め手。ブランドカラーでもあるプラムは地元に咲くエリカの花の色が原点です。2009年秋冬のメンズでは、バランタインが創業した1920年代のグラフィック柄を未来的に表現し、色は多彩なブルーを使いました。ダッフルコートを軽快なショート丈にも変身させた。ベーシックとは、進化させないことではない。今の時代性を反映させて、若々しく新しいストーリーを作っていきたいと思っています」。
http://www.asahi.com/fashion/topics/TKY200902270275.html


2009年3月2日(月)
ドルチェ&ガッバーナ、ミラノで「Extreme Beauty in Vogue」展開催
初のメーキャップ・コレクションの発売を記念したエキシビション「Extreme Beauty in Vogue」を5月10日までミラノのPalazzo della Ragioneで開催する。オープニングにはメーキャップ・コレクションのキャンペーンモデルでもある、スカーレット・ヨハンセンがゲストとして参加。エキシビションはアメリカン・ヴォーグによってクリエイトされ、George Hoyningen-Huene、Edward Steichen、アーヴィン・ペン、リチャード・アベドン、ヘルムート・ニューートン、スティーブン・クライン、スティーブン・マイゼル、ハーブ・リッツ、ブルース・ウェバー、Deborah Turbeville、Ellen Von Unwerthらを含む世界でもっとも有名な写真家の作品を特色として、ヴォーグ誌の過去80年のイメージから、社会における美の役割を調査。「美の基準は移り変わりますが、それでも美は永遠です。美はミラノがデザイン、ファッションおよび芸術に関して、最大限に利用された活力のシンボルとして留まります」とLetizia Morattiミラノ市長。

ITホールディング、破たん
ジャンフランコ・フェレを所有するIT Holdingは債権者からの破産保護申請を行い、事実上破たんした。銀行が資金供与を拒否した後、子会社のIttierreが2月9日に破産を申請したが、それに続く動きとなる。ITホールディングは2002年にジャンフランコ・フェレを買収。2007年7月にフェレが亡くなった後もブランドは継続されており、フェレの2009年秋冬コレクションは予定通りに開催された。イタリアのClaudio Scajola産業大臣は「イタリアのファッション産業を支援するために、3月中旬までに最初の手段を発表するだろう」とコメント。産業省によるとイタリアのファッションおよび繊維工業は3万社、80万人の雇用を生み出しており、ITホールディングの破産により1700人が失業するとみられている。組合はグローバルな金融危機の広がりにより、さらに失業者が増える可能性があると警告した。イタリアの破たん手続きでは、今後、Scajolaが財政健全化を進める計画を立てるために破産管財人を指名する。
フェレはTommaso Aquilanoと Roberto Rimondiのコレクションが好評だったことから新たな買い手が見つかるのではないかとされています。

2009-2010年秋冬ミラノ・コレクションフェレバーバリージョルジオ・アルマーニジル・サンダー
Tommaso AquilanoとRoberto Rimondiの2回目のショーとなったジャンフランコ・フェレ。80年代とエリザベス1世をイメージ。パゴダ・ショルダーのシームラインコートでスタート。ベルベットのワンピース、サテンのトレンチコート、ダブル・スーツにエリザベスカラーのブラウス、巨大なリボンが襟元につけられたオフ・ショルダーのブラウス、バブル・ドレス。「それは私たちにとってポジティブな関係です。それは私たちが若かったときです。そして、私たちはケイト・ブランシェットの映画を愛していました」とRimondi。「私たちは、トータルな連続性を持っています。ジャンフランコ・フェレは製作をやめたことがありません」とフェレのCEO、Michela Piva。
コレクションの評価は高かったものの、果たしてこれが無事にデリバリーされるのか、疑問視する声もあります。

「現代の郷愁-偉大なる英国のアイコン-」をテーマとしたクリストファー・ベイリーのバーバリー・プローサム。白のワンピースにベルトを軽く締めただけのトレンチのKarmen Pedaruでスタート。白のブラウスに黒のスカート、セーターにフリルスカート、ツイードのワンピースにフレアスカート、パンツ、コート。毛皮のコートにレザーブルゾン、バルーンスカート、貴族の女性の肖像がプリントされたドレス。「私は、軽薄でないものがほしかったのです。私は、歴史のロマンスを望みました。しかし、私は今日的なものも望みました。この瞬間、私たちは今を生きています。私たちの役割はインスパイアすることだと思います。さらに、確信を戻すことであると思います。確かな視点を持ち、DNAから離れないことです」とベイリー。

プログラムに「美学とシェイプは80年代ファッションの劇的なインパクトをアップデートするために選ばれました」と書かれたジョルジオ・アルマーニ。80年代をイメージしながらもレトロではなく、現代風にアレンジ。1つボタンのビッグショルダージャケットにミニスカート、クロコダイルのバッグにベレー帽。ロングカーディガンにショールカラーのニットジャケット、フラワープリントのワンピース、ミニのタイトスカート、ケープ、クリスタルのドレス。流れる曲はティナ・ターナー。

ラフ・シモンズのジル・サンダーは前半がミニマリズムを再訪したジル・サンダーの遺産に忠実なショー。ライトが変わった後半はフランスの陶芸家、Pol Chambostにインスパイアされたコレクション。シンプルでスリムなグレーコート、ワンピース、襟なしコート、黒のスーツ。後半は波型にカッティングされたコートやアシメトリーなジャケット(裾が左はスクエアカット、右がラウンドカット)、波状の継ぎ目、フライフロントのコクーンコート、片方だけ膨らんだワンショルダードレス。

住友商事、「NARACAMICIE(ナラカミーチェ)」のウェブショップをオープン
2008年秋から商品展開を始めた手ごろな価格帯の妹版ブランド「Rosa(ローザ)by(バイ)NARACAMICIE(ナラカミーチェ)」のシャツ類に加え、今春の「目玉商品」として神戸発のファッションブランド「chesty(チェスティ)」と共同企画したシャツやワンピースを初のコラボ商品として発売する。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200902270057a.nwc

ユナイテッドアローズ、サントリーと初のコラボ
ユナイテッドアローズのオリジナル生活雑貨ブランド「UNITED ARROWS STYLE for LIVING(ユナイテッドアローズ スタイルフォーリビング)」と「サントリー ウーロン茶」がコラボレートし、「サントリー ウーロン茶『Pandao品品(しなじな) Presents!』キャンペーン」を実施。3月24日-6月30日のキャンペーン期間中、対象商品についているシールを集めて応募すると、総計1万名に、キャンペーンのオリジナルブランド「Pandao(パンダオ)」グッズをプレゼント。また、キャンペーン期間中、UA原宿本店ウィメンズ館・UA横浜店・UA札幌店の計3店舗のスタイルフォーリビングコーナーにて、「Pandao」にちなんだアイテムとウーロン茶を集積し、キャンペーン告知を行う。
http://www.united-arrows.co.jp/news/09022412.html

エスクァイア日本版、休刊
5月23日発売号で休刊する。
http://www.esquire.co.jp/others/close.html

アッカ、ギフトコレクション「アッカ・ペル・レガリーノ」を数量限定で販売
イタリア語で「ささやかで愛らしい、心のこもった贈り物」を意味するネーミングどおり、光沢が美しいクリップと、ロゴマークが刺しゅうされたミニケースのセット。
http://www.elle.co.jp/fashion/news/acca09_0227

旬のスプリングコート
インナーの調節次第で長く楽しめるアイテム。春らしいきれいな色や、デザイン性の高いものがおすすめ。
http://mainichi.jp/life/fashion/news/20090226ddm013100129000c.html


2009年3月1日(日)
Rodolfo Paglialunga、ヴィオネのクリエイティブディレクターに就任
イタリア州観光局(Italian State Tourist Board)の理事長、Mateo Marzottoがフランスの伝説的ブランド、Vionnetを買収。Vionnetは1912年にパリでMadeleine Vionnetによって設立され、バイアス・カットを発明しコルセットから女性を解放したが、第二次世界大戦初期に閉鎖された。2006年にソフィア・ココサラッキを起用してブランドは再開されたが、ココサラッキが辞任。Mark Audibetが引き継いだが、2008年に辞任し、その後は社内のデザインチームが担当していた。「私は、ヴィオネにはコアとなる独創性、エネルギーおよび情熱があると確信しています。その歴史を忘れずにコンテンポラリーなファッションを吹き込み、マドレーヌ・ヴィオネの驚異的で革新的なエレガンスを復活させます」とMarzotto。Marzottoはヴィオネの本部をミラノに移動させ、新クリエイティブディレクターにプラダのレディス・デザイナーだったRodolfo Paglialungaを起用。プレタポルテとアクセサリーの新ヴィオネ・コレクションは6月に披露される予定。

2009-2010年秋冬ミラノ・コレクション、ミッソーニ、エンポリオ・アルマーニ、モスキーノ・チープ&シック
ロングマフラーを頭にまで巻きつけたスタイルで始まったアンジェラ・ミッソーニのミッソーニ。ブランドの根幹でもあるニットがカーディガンにマフラー、ジャケット、ワンピース、ベレー帽と数多く登場。カウルネック・セーター、ベスト、チュニック、ドレス、ミニスカート、葉のプリント、ツイードのブレザーコート。「それは非常に楽観的でした」とアンジェラ・ミッソーニ。

ジップフロント、カラーレスのトレンチにラッフルミニスカートで始まったエンポリオ・アルマーニ。ジップアップのカーディガン、テーラードコート、レザーのブルゾン、ベルベットのミニスカートやコート、ニー・ソックス。
パンツルックが少なくて、その代りにミニスカートが目立つ、アルマーニには珍しいガーリーなコレクションでした。

プログラムに「ユーモアを備えた、シュールレアリズムとラッフル」と書かれたRosella Jardiniのモスキーノ・チープ&シック。背景にはラッフルの布が飾られ、朱色のフライ・フロントコートでスタート。ベルトがバックルで締められず、上下にずれた状態のコート、ミッキーマウスのようなピンクの帽子、ラッフルドレス、ボレロ、ラッフルのプリント。

マーガレット・ハウエル 神南、3月4日にリニューアルオープン
白い壁、ダークブラウンのオーク素材のフローリング、そこに置かれたヨーロッパのオフィス什器メーカーのスチルパイプシェルフなど,まるでギャラリーのような雰囲気の店内は、イギリスを代表する建築家、ウィリアム・ラッセルの設計によるもの。リニューアルにあたっては、マーガレット・ハウエル本人がウィリアム・ラッセルと共に来日し、実際のショップを見ながら、お互いに意見を出しあってデザインが決定された。また、このショップには、世界で唯一ブランドカフェを併設。加えて、ロンドンのフラッグシップショップのみで取り扱われているイギリスの50-70年代の家具、テーブルウェア、プロダクトなども展開。リニューアルを記念して、「神南店限定ショッピングバッグ」も配布。さらに、ウイメンズ、メンズともに通常日本では取り扱いのないコレクションラインの一部のアイテムが、今後は神南店限定で定期的に入荷する予定。これらのアイテムは、神南店の為だけにロンドンより全てインポートされる。
http://www.margarethowell.jp/jinnan/information.html

J・フロントリテイリング、大丸と松坂屋を2010年3月1日に合併
大丸と松坂屋は2007年に共同持ち株会社としてJFRを設立。2008年にはグループのスーパーマーケット事業、建装事業、人材派遣事業を1業種1社に再編しており、2009年3月にはレストラン事業も1社体制に移る予定。百貨店を1社体制にすることで経営統合を完了する。意思決定の迅速化や経営効率のさらなる向上が狙い。再編を主導する大丸が存続会社となれば、株式会社としての松坂屋は1910年の設立以来100年で消滅する。Jフロントによると、合併後の新会社は大丸松坂屋百貨店(仮称)とし、それぞれの営業基盤を生かすため「大丸」「松坂屋」のブランドや店舗の名称は変更しない。存続会社や本社の場所などは今後検討する。2008年12月に閉店した愛媛県今治市の今治大丸については、会社解散を正式決定し、2010年2月に清算する見込み。
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090227k0000m020155000c.html
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090226/135041/

セブン&アイ・ホールディングス、そごうの心斎橋本店売却を正式発表
大丸に379億円で売却。経営統合を伴わない大手百貨店同士の店舗売買は初。8月末にいったん閉鎖した後、11月に大丸が隣接する心斎橋店と一体運営する形で営業再開する。心斎橋本店はそごうの創業店で、売り場面積は約4万平方メートル。2000年に経営破たんした際に閉鎖し、2005年にそごう「復活のシンボル」として営業を再開したが、非効率な売り場と過剰な人員配置で赤字が続いていた。従業員約400人の雇用は他店に配置転換するなどして原則維持する。一方、大丸は買収店舗の初年度売上高を250億円以上と見込む。心斎橋店(約3万7000平方メートル、売上高約850億円)を合わせると大丸の最大店舗となる。両店舗の一体運営に向けた改装計画や売り場構成などは未定。
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2009/02/27/20090227ddm008020098000c.html

三陽商会、新宿マルイカレンにSmackyGlamがリニューアルオープン
リニューアルオープン特典として新宿マルイカレン別注スィートボーダーワンピースを発売。一枚でカットソー、ボーダーベルトをつけているみたいに見えるワンピース。
http://www.smackyglam.com/archives/2009/02/_smackyglam_1.html

井筒屋、江本幸二社長が副社長に降格
3月1日付で業績悪化による責任の明確化と経営立て直しのため、中村真人会長が再び社長に就任し、江本幸二社長を副社長に降格する。世界的な景気悪化に伴う個人消費の低迷を受け、井筒屋は1月、2009年2月期連結決算が9期ぶりの経常赤字に転落する見通しだが、来期は4億5000万円の経常黒字を目指す。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200902250031a.nwc

トリンプ、オーガニックコットン100%のインナーウエア「オーガニックコットン」を3月12日発売
3段階で認証を受けたオーガニックコットン100%の素材を身生地に使用。素材は、3年間農薬や化学肥料を使用しない農地で、農薬や化学肥料を使わずに、厳格な基準をクリアした栽培方法で栽培される。また、脇部分には身生地と同じ生地の汗取り布を付けたり、レースが直接肌にあたりにくいよう工夫するなど、細部まで肌への優しさにこだわった。
http://www.triumphjapan.com/release/product/20090225.html

日本製紙クレシア、女性をターゲットにしたティッシュ「クリネックス ティシュー メイクケア ティシュー」を4月1日から発売
女性のメーク向けティッシュは同社で初めて。肌と同じ弱酸性のローションを配合することで、自然な肌の状態を保つように工夫した。また、コットンに比べ折りたたんだときに厚くならず使いやすい点を売り物にしている。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200902260029a.nwc

サイト内検索

 
Web www.fashion-st.net

過去のニュース